卒後研修会

卒後研修会

日々進歩する医療技術や最新の医療・福祉に関する情報を交換するために、姉妹校 大阪医専で既に取り組んでいる卒後研修会。卒業生による症例・研究発表、グループディスカッション、懇親会を行い、さらに講師を招いての講演やパネルディスカッションを開催しています。今後、首都医校においても同様の取り組みを実施していきます。

各学科の主な講演内容
(姉妹校 大阪医専 過去実施内容 一部抜粋)

学科名講演内容
救急救命学科「救急医療体制の充実・強化」
臨床工学学科「医と工学の連携」
「在宅人口呼吸療法(HMV)支援マニュアル」
高度看護保健学科「看護職のストレスマネジメント」
診療情報管理学科「がん登録について・院内システムの構築」
理学療法学科「トレーナー活動におけるフィジカルチェックの実際」
作業療法学科「機能再建術前後のセラピー」
言語聴覚学科「摂食嚥下における最近の知見」
視能療法学科「知ってほしい累進屈折力レンズの知識」
アスレティックトレーナー学科「肩のスポーツ障害について」
「生活習慣病に対する運動指導」
介護福祉学科「介護スタッフのストレスと心身の健康」
「生活習慣病に対する運動指導」
精神保健福祉学科「現代社会とうつ病対策」

参加した卒業生の声

診療情報管理学科 姉妹校 大阪医専卒業生
田中 貴士さん
りんくう総合医療センター 診療情報管理士

「初めての参加でしたが、先輩方の様々なお話が聞けて自分の業務にも参考になりました。
今後もこのような研修会があれば、より意欲的に日々の仕事に取り組めると思います」

   

首都医校だからできること

完全担任制で、ゼロから深く学ぶ。

東京大学医学部・教育学部 元教授陣の支援による、強力バックアップ体制。

資格・就職に強い!卒業後もサポートが充実。

首都医校について