TVCM

2016年度 TVCM

「Real Stories」篇

ひとりにひとつ、医療がある。
先輩たちのReal Stories。

日本最大規模の学科数でチーム医療を実践する首都医校・大阪医専・名古屋医専。
ここで学ぶ学生たちは目指す職種も違えば、年齢も、普段の暮らしも、医療人を目指したきっかけも違います。
いわば、ひとり1人にストーリーがあるのです。

今年度のTVCMのテーマは、「ひとりにひとつ、医療がある。先輩たちのReal Stories」。
実際に学ぶ先輩たちのリアルな姿と内面に秘めた情熱を丁寧に切り取り、スライドショー形式のドキュメンタリーに仕上げました。

さらにTVCMで登場した先輩を含む、たくさんの学生たちのReal Storiesを特設サイトで公開中。
医療人を目指す学生たちの真剣に向き合う姿勢は、きっとあなたの心にも響くはずです。

ひとりにひとつ医療がある。先輩たちの「RealStories」特設サイト OPEN!

4,000カット以上の撮影素材から抽出した、
学生たちのリアル。

学生生活は、学校の中だけではありません。

彼らのオンとオフの姿を切り取るべく、首都医校・大阪医専・名古屋医専、総勢20名の学生の日常を追いかける撮影を敢行。実際の授業中はもちろん、通学風景から自宅での課題に取り組む姿、放課後のバイト先まで、撮影カットはなんと4,000カット以上にもおよびました。

出演してくれた学生たちは役者でもモデルでもありません。
TVCMのカメラに撮影されるという貴重な経験に最初は緊張していましたが、それでもやはり、医療人を目指す決意は本物。ひとたび実習や授業のシーンになると、まるでカメラや撮影スタッフの存在など忘れてしまったかのように、真剣な表情を見せてくれました。

繊細で力強いチャットモンチーの歌声が、
学生たちの決意と響きあう。

楽曲を担当してくれたアーティストは、青春をまっすぐな歌詞で描いてきた現在のロックシーンを代表するロックバンド、チャットモンチー。

昨年、デビュー10周年の節目を迎えた彼女たち自身が、かつて地元徳島でアーティストになる夢を追いかけて葛藤した経験をもとに書き上げてくれた「majority blues」は、夢を追いかけるすべての人たちへの応援歌でもあります。

夢に向かって、ときに迷い、傷つき、それでも必死に前へと進んでいく青春時代の不安とそれに立ち向かう勇気を、飾らない等身大の歌詞と強い意志を感じさせる歌声で、瑞々しくカタルシスたっぷりに歌い上げてくれました。

ひとり1人の医療人になりたい気持ちに「ぜったいに医療人にする」という約束で応える。
学生たちの頑張る姿と、それを全力でバックアップする学校の固い決意を込めたTVCMを、ぜひご覧になってください。

制作スタッフ

CD 岡林和也
AD 大内健太郎・角田拓一
CW 副島夏樹・渡邊智司
CRD 西原美幸
AE 三竹浩司・永田唯人・安田隆政・小嶋崇司
Pr 松原史和
PM 井元宣幸
Dir 鈴木童也

Cam 今村圭佑
Music チャットモンチー
Na 佐藤千夏
Mixer 川瀬加奈子
ポストプロダクション 株式会社レイ
A&P 株式会社クオラス/株式会社ロボット

   

首都医校だからできること

完全担任制で、ゼロから深く学ぶ。

東京大学医学部・教育学部 元教授陣の支援による、強力バックアップ体制。

資格・就職に強い!卒業後もサポートが充実。

首都医校について