教育諮問委員会

日本医学界のトップをはじめ、
東京大学医学部・教育学部
元教授陣の支援による、
強力なバックアップ体制。

創造性あるエキスパートを養成するためには、最新の施設・設備と共に、様々な分野の接触によるシナジー効果(相乗効果)が必要不可欠です。首都医校では時代にマッチしたカリキュラムづくりや教育方法の全面的支援のために、「教育諮問委員会」を結成。様々な専門性をもつブレーンが知的融合を図り、現場の最先端に対応する医療・福祉教育のあり方を探求します。メンバーは重鎮たる教授陣。「明日の一流」に向かうあなたを、心強くバックアップしてくれます。


  • 髙久 史麿

    日本医学会 元会長
    東京大学 名誉教授
    前自治医科大学学長

    医学や医療の水準向上を担う日本医学会の会長や東京大学医学部長、国立国際医療センター総長、自治医科大学学長などを歴任。1999年に日本医師会最高優功賞、2012年に瑞宝大綬章を受章。2016年にトーマス・ジェファーソン大学にてHonorary Degree を取得。


  • 浦野 東洋一

    東京大学 名誉教授
    日本教育行政学会 元会長

    東京大学教育学部卒。東京大学教育学部長、同付属学校長、東京都国立市教育委員等を歴任。主な著書に「学校経営管理論」「教育法と教育行政」「現代校長論」「学校改革と教師」「開かれた学校づくり」「学校改革に挑む」などがある。


  • 大井 玄

    東京大学 名誉教授
    元国立環境研究所 所長

    東京大学医学部卒業後、ハーバード大学公衆衛生大学院修了。東京大学医学部教授などを経て、国立環境研究所 所長を務めた。著書に『「痴呆老人」は何を見ているか』『人間の往生』『病から詩がうまれる』など現在も終末期医療全般に取り組む。令和元年7月13日より日本ノルディック・ポール・ウォーク学会 監事。


  • 跡見 順子

    東京大学 名誉教授
    東京農工大学 客員教授
    放送大学 客員教授

    お茶の水女子大学文教育学部保健体育学科卒。東京大学大学院教育学研究科博士課程修了。教育学博士。東京大学大学院総合文化研究科教授(身体運動科学)を経て、2013年より東京農工大学客員教授。セルツーボディ&マインドダイナミクスラボ代表として、病気になる前に「自分のシステムを知ること」から、120歳まで身心一体科学で元気に生き生きと寿命を全うする新領域創成の実現に向けて活動中。男女共同参画学協会連絡会第9期運営委員長も務めた。


  • 衞藤 隆

    東京大学 名誉教授
    大阪教育大学 客員教授

    東京大学医学部卒。医学博士。専門分野は母子保健学、学校保健学、健康教育学、小児科学。日本学校保健学会理事長、日本セーフティプロモーション学会理事長を務める。現在の主な研究は、小児の事故防止対策とセーフティプロモーション、学校における健康診断など。

   

首都医校だからできること

完全担任制で、ゼロから深く学ぶ。

日本医学界のトップをはじめ、東京大学医学部・教育学部 元教授陣の支援による、強力バックアップ体制。

資格・就職に強い!卒業後もサポートが充実。

首都医校について