看護学部 高度看護保健学科

  • 昼間部/4年制
取得できる資格/称号
  • 看護師(国家試験受験資格)
  • 保健師(国家試験受験資格)
  • 第1種衛生管理者(保健師取得と同時に申請のみで取得可能)
  • 養護教諭2種(学外で必要単位を修得することにより取得可能)
  • 高度専門士
  • 助産師養成校 受験資
適応制度
  • 『国家資格 合格保証制度』
  • 『完全就職保証制度』

全国でも希少な統合カリキュラム。4 年間で「看護師」・「保健師」、2つの資格とスキルを取得する。

学びのポイント

  • 1
    大学とは違い全員が同時に
    保健師の資格も取れる!

    多くの看護大学では保健師の資格は少人数の選抜制ですが、首都医校では全員が看護師と保健師の国家試験受験資格が得られます。

  • 2
    病院から福祉・保健施設まで!
    充実の実習先を確保

    病院、福祉施設、訪問看護ステーション、保健所、保健センター等、それぞれ場の特性から求められる看護保健活動を学びます。

  • 3
    大卒者と同じ「高度専門士」で
    大学院に直接進学できる

    卒業時、学歴・待遇面で大学卒業者と同等の「高度専門士」を付与。これは文部科学省が認める公的称号で、4年制大学の学士と同様に看護系大学院への入学資格も与えられ、将来、看護ケアのスペシャリスト「専門看護師」への道も開けます。

  • 4
    経験豊かな特別講師が直接指導
    「特別講義」

    各分野から経験豊かな最前線の特別講師が教壇に立つ『スペシャルゼミ』・『T.O.L.講義』。業界のプロから直接学ぶことで、最新の動向を常にキャッチできるのがこの授業の特長です。

専攻

専攻

現在のニーズに即した! 最終年次に選べる独自の専攻教育 現在のニーズに即した! 最終年次に選べる独自の専攻教育
×

保健医療専攻

保健指導や健康教育の実践的技術を身につけ、集団健康管理の具体的手法・方法を学ぶ。

災害医療専攻

一瞬で地域住民の生命と健康を脅かす各種災害現場で活動するために、看護の知識や心構えを学ぶ。

感染医療専攻

感染対策は臨床現場において最重要課題。感染のしくみや予防の正しい技術と対策を学ぶ。

在宅看護専攻

暮らしを支える在宅・介護領域。看護の役割と在宅介護に必要な知識を深く学習する。

学びのステップ

  1. STEP 1

    1年次基礎科目・看護観

    基礎科目と専門基礎科目を講義中心で進め、基礎医学と社会人としての教養を修得。初の病院実習となる臨地実習「基礎看護学実習」では患者さんとコミュニケーションを取りながらの実践と、看護師の業務内容を理解して事後の学びに活かします。

  2. STEP 2

    2年次臨床基礎・実践力

    1年次に引き続き、臨地実習に向けた看護学を学びます。たとえば、術後の看護の場合はどのような対応が必要なのかといった、受け持ち患者さんの状況に応じた援助の方法を学習。このような看護過程を演習で身につけていく時期です。

  3. STEP 3

    3年次臨床実習・応用力

    後期から成人・老年・小児・母性・精神・在宅にわたる専門の領域別実習がスタート。さらに公衆衛生看護学実習に多くの時間を費やす時期です。看護師・保健師になるという自覚と責任が育まれる時期で、エキスパートに近づくことが実感できます。

  4. STEP 4

    4年次総合実践力・国家試験

    3年次に引き続き臨地実習を行います。総復習と模擬試験による国家試験対策講座を実施するとともに、希望する職域に合せた専攻を学びます。

  5. 資格証

    「看護師」「保健師」として現場で活躍

    病院・クリニック、保健所、市区町村、民間企業などで、チーム医療、地域保健のリーダーとして幅広く活躍。また、卒業時に高度専門士の称号が付与されるため大学院への進学や実務研修を経て「専門看護師」「認定看護師」の資格取得で活躍の幅を広げることもできる。

授業ピックアップ

授業ピックアップ

首都医校だからできる、徹底した現場教育 首都医校だからできる、徹底した現場教育
×

家族の絆で患者さんを支える「小児看護学方法論」

健康に障がいのある小児に対する看護においては、その家族の存在は非常に重要です。健康障がいが小児とその家族におよぼす影響を理解し、必要な看護援助技術を学びます。

保健師として様々なフィールドで視野を広げる「公衆衛生学概論」

保健師は、保健所・保健センター、病院、企業などその活動は多岐にわたります。実習を通じて、今ある健康問題から将来の健康課題まで考察できる力を身につけます。

予防や健康指導「公衆衛生看護学方法論」

住民の健康状態を調査し、適切な取り組みを企画していくことで一連の流れを学習し、地域全体の健康促進を目指すための予防法や健康指導について学びます。

実践力を高める「看護の統合と実践」

看護援助の実際と優先順位の考え方、管理の仕方を学ぶ「統合実習」。学んだ知識をつなげるため複数の患者さんを受け持ち、実際に活かします。

様々な職種との「チーム医療・他職種連携」

他職種への理解・連携が求められる看護師と保健師。本校では症例を用いて、他学科の学生と一緒に検討しチーム医療で必要とされる力を養います。

資格/就職

資格/就職

資格を手にして、現場で活躍する 資格を手にして、現場で活躍する
×

資格

取得できる資格/称号
  • 看護師(国家試験受験資格)
  • 保健師(国家試験受験資格)
  • 第1種衛生管理者(保健師取得と同時に申請のみで取得可能)
  • 養護教諭2種(学外で必要単位を修得することにより取得可能)
  • 高度専門士
  • 助産師養成校 受験資格

『国家資格 合格保証制度』

その他の資格

受験し合格することにより取得可能

  • 福祉住環境コーディネーター
  • 手話技能検定

講習を受講することにより取得可能

  • 初級障がい者スポーツ指導員(学内講習受講により取得可能)
  • 赤十字救急法救急員(外部講習受講により取得可能)

取得可能な資格一覧

就職


活躍のフィールド

「総合病院・大学病院」、「病院・診療所・クリニック」、「訪問看護ステーション」、「地域包括支援センター」、「保健所・保健センター」、「学校保健室・企業内健康管理室」、「各種福祉施設」、「海外での支援活動」など、看護師・保健師の2つ資格を取得するため、就職先は多岐にわたり、選択肢の幅が広がります。


希望者就職率

100%
(2016年3月卒業生)

主な就職先

国立国際医療研究センター病院、国立がん研究センター中央病院、国立精神 ・神経医療研究センター、国立病院機構相模原病院、東邦大学医療センター大森病院、東邦大学医療センター大橋病院、東邦大学医療センター佐倉病院、東海大学医学部付属八王子病院、東京医科歯科大学医学部附属病院、順天堂大学医学部附属順天堂医院、順天堂大学医学部附属浦安病院、日本医科大学付属病院、日本大学医学部附属板橋病院、東京医科大学八王子医療センター、昭和大学横浜市北部病院、東京慈恵会医科大学附属柏病院、埼玉医科大学総合医療センター、聖マリアンナ医科大学東横病院、千葉大学医学部附属病院、北里大学病院、東京医科大学病院、昭和大学病院、東京共済病院、東京高輪病院、相模原協同病院、さいたま赤十字病院、東京逓信病院、上尾中央総合病院、長谷川病院、千葉県救急医療センター、賛育会病院、吉祥寺病院、成田赤十字病院、脳神経疾患研究所総合南東北病院、横浜総合病院、湘南鎌倉総合病院、永寿総合病院、東京警察病院、茨城西南医療センター病院、埼玉県立小児医療センター、横浜市立市民病院、戸田中央総合病院、三恵病院、昭島病院、立川相互病院、武蔵野赤十字病院、さいたま市立病院、東京北医療センター、東京健生病院、鎌ヶ谷総合病院、都立墨東病院、立正佼成会附属佼成病院、東京西徳洲会病院、池上総合病院、大久保病院、津田沼中央総合病院、杏雲堂病院、東部地域病院、大田病院、榊原記念病院、相澤病院、慈雲内科病院、船橋市立医療センター、初富保健病院、新百合ケ丘総合病院、川崎市立多摩病院、横浜舞岡病院、海老名総合病院、総合東京病院、厚木市立病院 他


保健師の将来性と魅力

保健師の将来性と魅力

女性が働きやすく、活躍できる! 女性が働きやすく、活躍できる!
×

仕事内容保健指導の専門家「保健師」とは?

保健所、保健センターや企業などに所属して、地域に暮らす人々や働く人々の病気の予防とさらなる健康増進のために「保健指導」や「健康教育」を行うことが業務の中心。関わったすべての人々が健やかに暮らす姿や、子どもたちの成長する姿、担当する職場の労働環境が改善されていく姿を目にすることで、日々喜びを感じられる、やりがいのある仕事です。

将来性ますます広がる活躍の場

人々の生き方・暮らし方を取りまく価値観や生活リズムが多様化している今日、公衆衛生の中核を担う保健師の活躍の場は保健・医療の世界にとどまらず、福祉の場へも拡大しています。すべての人々が健やかに年齢を重ねられる「健康寿命」の延伸を目指し活動する保健師は、ますます求められる重要な存在です。

魅力ワークライフバランスや安定を求める人へ

看護職に比べ、ワークライフバランスが安定しやすいため、働きやすい面があります。保健所や保健センター、企業に所属するため夜勤がなく、土日の休みもとりやすく、出産、子育てをしても仕事を続けやすい職種です。また、自分の考えで仕事を進められる範囲が広いのも魅力。

先輩/教官メッセージ

先輩/教官メッセージ

活躍する先輩と教官の声を紹介 活躍する先輩と教官の声を紹介
×
  • 卒業生
    卒業生
    看護学校や大学ではできない他学科との関わりが、今の現場でも活きています。
    小野塚 萌子
    東邦大学 医療センター大森病院 看護師、保健師
    小野塚 萌子
    東邦大学 医療センター大森病院 看護師、保健師
    看護学校や大学ではできない他学科との関わりが、今の現場でも活きています。

    チーム医療が学びたくて首都医校を選びました。学生時代には同じ看護師・保健師を目指す学生以外にも、理学療法士や作業療法士などを目指す、他学科の友達もでき学びを共有することができました。他の看護学校や大学だったら、学生時代に他職種を知ることはできなかったと思います。今の職場に近い状況が学校にあったことで、毎日の仕事に活かせています。今も看護師としての支えになっているのは、先生から教わった「大切なのは目配り、気配り、心配り」という言葉。実際の看護現場に出た今もこの言葉の大切さを実感する日々です。

  • 教官
    教官
    保健師は生活を通して、健康づくりや病気の予防を支援する素晴らしい仕事です。
    荒木 美津子
    元 行政(保健所)保健師 看護師、保健師、産業カウンセラー 養護教諭1級、第1種衛生管理者
    荒木 美津子
    元 行政(保健所)保健師 看護師、保健師、産業カウンセラー 養護教諭1級、第1種衛生管理者
    保健師は生活を通して、健康づくりや病気の予防を支援する素晴らしい仕事です。

    私が保健師を目指すきっかけは看護学生の時、実習先で出会った患者さんの一言。「病気になる人が、この世の中からいなくなるといいのに」。また保育器の中で必死に生きている小さな赤ちゃんが「もっと大きくなって生まれたかったよ」と言っているような気がしたのです。病気になる前に予防し、健康であり続けること。そんな当たり前のことの大切さを患者さんから学びました。保健師は、保健所や保健センター、企業、学校、健診センターなど多くの職場で人々の健康づくりを支援する素晴らしい仕事です。私たちとぜひ一緒に看護師・保健師を目指しませんか。全力でサポートしていきます。

その他の学科・専攻

臨床学部

看護学部

歯科医療学部

療法学部

スポーツ健康学部

東洋医学部

医療情報学部

福祉学部

専科[短期集中講座]

大学生・社会人も通える「夜間部」