名古屋医専ニュース

トミー・ジョン手術を3度受け、復活した館山昌平氏が医療・スポーツ分野のプロを目指す学生に向けて『リハビリ』『スポーツデータサイエンス』特別講義を実施

トミー・ジョン手術を3度受け、復活した館山昌平氏が医療・スポーツ分野のプロを目指す学生に向けて『リハビリ』『スポーツデータサイエンス』特別講義を実施

タグを見る

医療・福祉・スポーツ業界の各分野で活躍する医療人を育成する本学は、元ヤクルトスワローズ投手、館山昌平氏をお招きし、リハビリとスポーツデータサイエンスに関する特別講義を開催します。


館山氏は右肘靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)をはじめ、数多く右肘にメスを入れ、幾度となくマウンドへ帰還し、「最多勝」「カムバック賞」などタイトルも獲得。著書「自分を諦めない~191針の勲章~」 2022年に発行後、講演や野球教室などを実施されています。現在はフジテレビONEでのプロ野球解説をはじめ、MLB全30球団、NPB10球団が導入しているデータ計測『Rapsodo(ラプソード)』のアンバサダーとして、スポーツデータサイエンスを活用したパフォーマンスアップや怪我の予防を啓蒙する活動をされています。

今回は、『怪我やリハビリ、トレーナーに求められるスキル』『館山昌平×ラプソードによる、スポーツ(野球)を科学する』の2本をテーマに、自身の経験をもとに、これから医療人、スポーツトレーナーを目指す学生たちに直接指導いただく貴重な機会となります。(館山昌平氏とラプソードのコラボによる講義は教育機関 初開催)

本学では、これまでにも元オリンピック選手の吉田沙保里さんや元サッカー日本女子代表監督の佐々木則夫さん、スピードスケート女子五輪金メダリスト小平奈緒氏、髙木菜那氏による特別講義を実施。こうした特別講義を通じて、幅広い視野と将来現場で活かせる知識・技術を身につけることができる教育機会を設けています。

開催概要

日 時2023年10月5日(木) 16:00開場
(16:20開始 17:50終了)
形 式オンライン
講演者元ヤクルトスワローズ投手 館山昌平氏
内 容講義テーマ
『怪我やリハビリ、トレーナーに求められるスキル』
『館山昌平×ラプソードによる、スポーツ(野球)を科学する』 

登壇者プロフィール

館山 昌平 氏
2002年にドラフト3巡目で東京ヤクルトスワローズに入団。ヤクルトの右腕エースとして躍動し、最優秀勝率投手や月間 MVP など数々のタイトルを獲得。51年間破られなかった球団連勝記録を更新し、東京ヤクルトスワローズ初のクライマックス・シリーズ出場に貢献するなど大活躍を果たす。なお、球団連勝記録は現在も破られていない。(2023年7月現在)

2009 年には最多勝利投手賞(16勝)にも輝いた。その一方で3度に及ぶトミー・ジョン手術など計10度(うち1回は引退後)の手術を敢行。度重なる怪我や手術に苦しみながらも、復帰後には150km/hの圧巻の投球や6 勝を挙げる活躍で2015年にカムバック賞に輝く。2019年に惜しまれつつ現役を引退し、翌2020年から東北楽天ゴールデンイーグルスの二軍投手コーチ、2022年からはルートインBCリーグの福島レッドホープスの投手チーフコーチ兼企画運営を歴任。データの活用や自らの経験を踏まえ、若い投手陣を中心に指導した。

株式会社Rapsodo Japan
シンガポールを本社に、アメリカ・日本・トルコに拠点を持つ「スポーツ」と「テクノロジー」を掛け合わせたグローバル企業。スポーツテクノロジーのリーディング・カンパニーとして、信頼性の高いデータを提供することで選手と指導者がパフォーマンスを可視化・理解できるようにサポートします。Rapsodoの商品は、MLB全30球団、NPB10球団を始めとし、国内でも社会人、大学、高校、中学硬式とアマチュアでも導入が拡大しています。日本においては2021年3月15日に神奈川県横浜市に設立し、野球・ソフトボール、ゴルフ向け商品の販売・マーケティング・テクニカルサポートを行っています。

資料請求 オープンキャンパス