名古屋医専ニュース

テレビ朝日・メ~テレ「スーパーJチャンネル」にてコロナ禍で奮闘する“看護師の卵”として学生が取材を受けました!

タグを見る

1/7(木)放送の、テレビ朝日・メ~テレ「スーパーJチャンネル」で名古屋医専の姉妹校である首都医校 高度看護保健学科の副校長と学生がインタビューを受けました。

番組では、専門学校としては珍しい「4年制実践教育」を行い1年時より実習がある学校として、どのように対策・工夫をしているのかを、和田副校長が語っています。また今回、看護師と保健師の2つの国家資格が取得できる、全国でも希少な「高度看護保健学科」の学生が取材を受けました。コロナ禍でどんな思いで看護の勉強に取り組んだかについて、お話しました。

■和田副校長
「医療体制は逼迫している状況。看護師が必要とされている部分がすごく大きい。感染に対してもそうですし、学んだことがたくさんあると思うので糧に頑張ってほしいです。」

■高度看護保健学科(3年)・加藤さん
「リモート実習や学内実習では先生方の手厚い直接指導により、気づきや学び直しのいい機会になりました。」

■高度看護保健学科(3年)・小川さん
「現場での勉強が少し他の世代と比べると減ってしまいますが、感染対策では他の世代より密に学べていると思うので、そういう部分でしっかり学習していきたいです。」


高度看護保健学科の特長
☑4年間の中で「看護師」・「保健師」、2つの資格とスキルを取得が可能
☑専門技能を有するエキスパートとしての最高位の称号「高度専門士」
☑『国家資格 
合格保証制度』『完全就職保証制度』対象

全国でも希少な看護師と保健師の2つの国家資格が取得できます。
また卒業時には文部科学大臣より、専門技能を有するエキスパートとしての最高位の称号「高度専門士」が与えられます。
これにより4年制大学の学士と同様に看護系大学院への入学資格も与えられ、学歴・待遇面でも就職に有利になります。

看護をはじめ、医療・リハビリ・福祉・スポーツまで。仕事を学んで進路を決めよう 
まずはイベントにてチェック!