名古屋医専ニュース

歯科の道を歩む学生を応援する神聖なセレモニー「戴灯式」を行いました!

タグを見る

名古屋医専 歯科衛生学科、初となる第1期生の戴灯式を行いました。
戴灯式とは、本格的な臨地実習を始める前に、今一度「歯科の道を歩むもの」として職業に対する意識を高め、
その責任の重さを自覚させるために行う大切なセレモニーです。



  
学生たちは緊張していましたが、教官に見守られるなか真剣な表情でキャンドルを灯しました。


  
戴灯式では、勝又校長のお話や鍼灸学科の教官によるバイオリンの演奏もあり、名古屋医専ならではのセレモニーとなりました。


  
戴灯式が終わったあとは「これからみんなで頑張ろう!」という気持ちを胸に、楽しく記念撮影をしました。


学生たちにとって、これから始まる臨地実習に向け歯科衛生士の理念を再確認し、決意を新たにする機会となりました!