首都医校ニュース

【卒業企画】コロナを経験した学生たち、医療現場の最前線へ

タグを見る

首都医校に入学し、医療人を目指して、日々の授業や臨地実習などを経験してきた学生たち。3月24日に卒業式を迎え、それぞれの夢に向かって羽ばたいていきます。

今年度の卒業生たちは、コロナ禍において、オンライン授業や分散登校など、通常とは違う学生生活を経験しました。卒業する学生を代表して、学生生活の思い出と医療人になる意気込みについて語ってもらいました。


星原 祐佳さん

学科:高度看護保健学科

就職先:川越市役所

職種: 保健師

-入学したきっかけを教えてください?

保健師志望で、1年生から保健師国家試験の受験資格をもらえることに魅力を感じました。また他の医療学科もあるので、他の職種のこともよく知れると思いました。

-学校生活での思い出を教えてください。

入学するまで、保健師さんと関わる機会はありませんでした。保健師実習を通して、実際に健康教室をし、現場をみたことで将来が楽しみになりました。またチーム医療を通して、少なからず他学科との交流があったことや、医療分野のみならず、グループ校であるモード学園とHALの体験授業を受ける機会もあり、視野を広げることができました。

-将来の夢、今後の抱負を教えてください。

大事にし、培ってきたコミュニケーション力を活かして、住民の方と信頼関係を築き、住民の方や他の職員さんのロールモデルになれるように頑張ります。


戸部岳志さん

学科:高度臨床工学学科

就職先:西東京中央総合病院

職種: 臨床工学技士

-学校生活での思い出を教えてください。

コロナ禍での病院実習の際に、臨床工学技士の方が患者さんを体で支え、その後ペースメーカー本体の交換術まで携わり、最後まで治療をしている姿が、今でも頭に残っています。

-コロナ禍だからこそ、将来の転機になったことはありますか?

コロナ禍での病院実習を通して、目の前で厳しい現場を見てきたからこそ、私もコロナ患者さんを助けたい、働きたいと強く思い、また複数の業務に携わりたいことから、コロナ患者さんを受け入れている総合病院に就職しました。

-将来の夢、今後の抱負を教えてください。

コロナ禍において、臨床工学技士の需要がまたさらに高まり、これから多くの人を助けたいと、働く意欲も高まっています。これからは臨床工学技士として、慕われる医療人になりたいです。そのためにはひとつ1つのことを大切にして成長していきます。

町田実桜さん

学科:高度臨床工学学科

就職先:行徳総合病院

職種:臨床工学技士

-学校生活での思い出を教えてください。

国試対策や就職活動に先生たちが親身になって付き合ってくれたことです。いい先生ばかりで授業も覚えやすいところと普通科目も基礎からやってくれるので工業高校出身にはとてもありがたかったです。あと就職担当の方のサポートも手厚かったです。

-将来の夢、今後の抱負を教えてください。

将来は様々な治療で患者さんやその人を大切に思う人のQOL向上に貢献したいです。 また医療人の働き方についても思考していきたいです。

インタビューへの協力ありがとうございました!これからの活躍も期待しています!

首都医校では体験入学を毎月実施しています。学校生活や授業、先生や学生の雰囲気など、ぜひ直接確認ください!見学・相談は日曜・祝日を除き、毎日実施しています。

開催中のオープンキャンパスはコチラ