首都医校ニュース

コロナを経験した学生たち、春より看護の道へ 【No.1卒業企画】

タグを見る

3月は、卒業の季節です。首都医校に入学し、看護師など医療現場を目指し、勉強や実習、国家試験に励んできた学生たち。3月23日に卒業式を迎え、それぞれが目指す新たな道へ旅立つことになります。

コロナ禍で、最終学年は通常とは異なる学生生活を過ごすことになりました。そこで卒業する看護学生に、学生生活を振り返り、看護の道を目指す意気込みを語ってもらいました。

 

中津川拓生さん
高度専門士看護学科(旧:高度専門看護学科)
2021年3月卒業予定
内定先:国立国際医療研究センター病院 


コロナ前の学校生活の中で、思い出に残るエピソードを教えてください。

2年生の終わりに国際看護演習という授業で、実際にアメリカに行くことができたのは印象的でした。10日間アメリカの医療施設を周り、現地で働く看護師さんや教科書に載っている看護理論家から話を聞けたことは学びが非常大きかったです。アメリカと日本の看護師の役割を比べることで専門性について理解を深めることができました。


コロナ禍だからこそ、将来の転機になったことはありますか。

コロナ禍になり、残りの実習が臨地に行けなくなった時は看護技術の実践が不足してしまう、臨地実習に行った回数が今までの先輩方よりも少なくなってしまうという思いがありました。しかし、現状に捕われてばかりいるのでなく臨地実習に行けない分、少しでも知識の充実を図るため、今までの授業復習に充てました。変えられない状況に目を向けるのでなくまずは自分にできることをしようという考え方を持つことができました。


コロナ禍の学校生活の中で、思い出に残るエピソードを教えてください。

最後の実習(統合実習)は臨地に行き、約10ヵ月ぶりに患者さんと関わることができたことが思い出に残っています。コロナ禍でありながらも受け入れて下さった病院、病院スタッフ、患者さんに心から感謝しています。臨床で患者さんと関わらせてもらうことの楽しさを思い出せました。


将来の夢を教えてください。

患者さんが伝えられない身体の不調や思いを感じ取れるような看護師になりたいです。


看護師を目指している人は、オープンキャンパスに参加して確かめてみよう。

詳しくはこちら↓↓

https://www.iko.ac.jp/tokyo/apply

高度専門士看護学科の特長

■都内の専門学校で唯一の4年課程・看護師養成科。だから、現場に出て一歩差がつく看護師になれる

■専門技能を有するエキスパートとしての最高位の称号「高度専門士」

■『国家資格 合格保証制度』『完全就職保証制度』対象

都内の専門学校で唯一の4年課程・看護師養成科として、基礎からじっくり学び、高度な専門知識・技術を身につけることができます。また卒業時には文部科学大臣より、専門技能を有するエキスパートとしての最高位の称号「高度専門士」が与えられます。これにより4年制大学の学士と同様に看護系大学院への入学資格も与えられ、学歴・待遇面でも就職に有利になります。