大阪医専ニュース

入院中の子どもたちやその家族のために、手作りのランプを制作。阪急うめだ本店にて、学生作品が展示されました。

タグを見る

病院や老人施設など心のケアが求められる施設に手作りのランプ(以下あかり)を届ける「あかりバンク」へ、高度作業療法学科の学生が制作したあかりを寄付致しました。

「あかりバンク」の先生にご指導いただき、学生は子どもたちを想いながら丁寧に作業を行いました。学生の作品は、阪急うめだ本店にて開催された「あかりバンク展」(2月16日~21日実施)で展示されました。イベント終了後は淀川キリスト教病院こどもホスピスなどに寄贈されます。