福祉学部 精神保健福祉学科

  • 昼間部/1年制
  • 夜間部/2年制【入学資格】大卒者以上
取得できる資格/称号
  • 精神保健福祉士(国家試験受験資格)
適用制度
  • 『国家資格 合格保証制度』
  • 『完全就職保証制度』

精神領域で唯一の国家資格。1年間の集中カリキュラムで自立を支援するエキスパートへ。

学びのポイント

  • 1
    1年間で資格取得・就職を実現!
    ポイントを絞った授業を展開

    現場経験豊富な指導陣が、「講義」「演習」「実習」を組み合せ授業を展
    開。資格対策では、全国模試で課題を洗い出し弱点を克服するなど、資格取得そして就職につなげます。

  • 2
    2回に分けて現場実習を実施!
    仕事の理解がより深まる

    医療機関と福祉施設の2箇所で現場実習を実施。確認・復習を行い、丁寧に実力を積み上げていきます。

  • 3
    圧倒的な求人数と
    個別のサポートで確かな就職へ

    「担任」「医療・福祉業界」「就職指導担任」が連携して、あなたを個別に徹底サポート。だから高い就職実績を実現しています。また卒業生の活躍と業界からの高い評価で圧倒的な求人数を確保しています。

  • 4
    経験豊かな特別講師が直接指導
    「特別講義」

    各分野から経験豊かな最前線の特別講師が教壇に立つ『スペシャルゼミ』・『T.O.L.講義』。業界のプロから直接学ぶことで、最新の動向を常にキャッチできるのがこの授業の特長です。

  • 5
    現場力・収入・キャリアを得る!
    収入を学費にすることも!

    夜間部生は昼間に学校紹介の福祉施設で活動支援のアルバイトをすることもできます。現場で実務経験を積みながら学ぶことができるのでキャリアアップにもつながります。

専攻

専攻

最新の課題に対応! 選べる独自の専攻教育 最新の課題に対応! 選べる独自の専攻教育
×

臨床コミュニケーション専攻

臨床家としての精神保健福祉士には、言葉を介するコミュニケーション能力が不可欠なのはもちろん、表情や仕草から気持ちを汲み取る能力が必要です。本専攻では、傾聴・共感・説明・教育などのスキルを豊富に体得し、コミュニケーション能力に長けた精神保健福祉士を目指します。

産業メンタルヘルス専攻

昨今、「職場うつ」「パワーハラスメントによる精神失調」などの産業メンタルヘルスが大きな社会問題となっています。本専攻では、職場環境が心身に及ぼす影響と「うつ」などの心身失調時における心理的・行動的特徴などを広く理解し、「こころ」を痛めた労働者を援助できる精神保健福祉士を目指します。

学びのステップ

昼間部


  1. STEP 1

    1年次現場体験と国家試験対策

    約6週間におよぶ医療機関・福祉施設での実習を行います。国家試験対策に取り組むとともに、希望する職域に合せた専攻を学びます。

  2. 資格証

    精神保健福祉士(国家資格)

    病院の精神科や社会福祉施設などで、患者・利用者が望む生活を実現する存在として活躍。

夜間部

  1. STEP 1

    1年次社会福祉学の修得

    医療職ではなく福祉職として、障害者の生活上の問題を解決に導き、ひとり1人が望む生活の実現に向けて関係各所と調整を図るのに必要な知識や職業観を養います。また現場での知識修得のため、施設などでアルバイトを行う学生もいます。

  2. STEP 2

    2年次現場体験と国家試験対策

    1年次で学んだことを基礎に、医療機関や福祉施設などの現場で約6週間実習を行います。精神障害者の社会復帰をいかに支援するかを考察します。国家試験対策は2 年次の前期から開始していきます。

  3. 資格証

    精神保健福祉士(国家資格)

    病院の精神科や社会福祉施設などで、患者・利用者が望む生活を実現する存在として活躍。

授業ピックアップ

授業ピックアップ

大阪医専だからできる、徹底した現場教育 大阪医専だからできる、徹底した現場教育
×

現場で通用する実践力を磨く「精神保健福祉援助演習」

精神保健福祉士は、相手の意思を言葉や表情から汲み取る力が必要不可欠。学生同士でロールプレイを行い、対象者の気持ちを理解していきます。

人間の成長と一生を学ぶ「精神保健の課題と支援」

精神的健康とは何か?人間のライフサイクルから災害時、教育、家族、職場のメンタルヘルス、高齢社会など、様々な精神保健の問題と支援を学びます。

作業療法士などリハビリ職種との「チーム医療・精神科リハビリテーション」

支援をしていくうえで、精神障がい者のリハビリテーションへの理解が必要です。作業療法士の専任教官から精神障がい者に対する作業療法について指導を受け、理解を深めていきます。

資格/就職

資格/就職

資格を手にして、現場で活躍する 資格を手にして、現場で活躍する
×

資格

取得できる資格/称号
  • 精神保健福祉士(国家試験受験資格)
その他の資格

受験し合格することにより取得可能

  • 福祉住環境コーディネーター
  • 手話技能検定

講習を受講することにより取得可能

  • 初級障がい者スポーツ指導員(学内講習受講により取得可能)
  • 赤十字救急法救急員(外部講習受講により取得可能)

就職


活躍のフィールド

病院の精神科や社会福祉施設などで、患者が望む生活を実現する存在として活躍。在宅分野での需要も。

精神科病院、行政機関・公務員、精神科・心療内科クリニック、保健所・保健センター、精神保健福祉センター 総合病院・大学病院 、障害者総合支援法に基づく事業所など、卒業生の活躍と業界からの高い評価で圧倒的な求人数を確保。個別サポートで希望の就職を実現しています。



主な就職先

国立病院機構、大阪府職員、兵庫県職員、京都府職員、奈良県職員、大阪市役所、堺市役所、和歌山市役所、東大阪市役所、伊丹市役所、大和高田市役所、加西市役所、綾部市役所、枚方市役所、守口市役所、東大阪保健所、茨木保健所、東大阪西保健センター、兵庫県立精神保健福祉センター、大阪府社会福祉事業団、尼崎市社会福祉協議会、伊丹市社会福祉事業団、京丹後市福祉事務所、大阪市みどり作業所、大阪市職業リハビリテーションセンター、京都市やましな学園、伊丹市立あけぼの寮、奈良県立医科大学附属病院、金沢大学付属病院、松江赤十字病院、さわ病院、阪南病院、阪本病院、小曽根病院、藍野花園病院、光愛病院、新阿武山病院、金岡中央病院、和泉丘病院、新いずみ病院、分野病院、汐の宮温泉病院、こころあ病院、大阪さやま病院、浜寺病院、七山病院、小阪病院、新生会病院、オレンジホスピタル、木島病院、茨木病院、渡辺病院、高岡病院、赤穂仁泉病院、東加古川病院、神出病院、宇治おうばく病院、北山病院、京都東山老年サナトリウム、醍醐病院、長岡記念財団長岡ヘルスケアセンター、ハートランドしぎさん、秋津鴻池病院、五条山病院、水口病院、滋賀八幡病院、倉敷市児島障害者支援センター、有希クリニック、楓こころのホスピタル、しみず心療クリニック、モト心療内科クリニック、日笠クリニック、阪尾なんばメンタルクリニック、まるいクリニック、平山クリニック 他


資格・就職に責任を持つ保証制度


厚生労働省が指定する本学の学科において卒業認定を受けた人で、国家試験に万一合格できなかった場合、資格取得に向けた勉学を継続するために必要な学費は2年間本学が負担します。また卒業時に万一就職できない場合、卒業後、就職が決定するまでの必要な学費は本学が負担します。さらに卒業生が転職や再就職したいときにバックアップする『生涯バックアップシステム』も導入しています。


先輩メッセージ

先輩メッセージ

活躍する先輩の声を紹介 活躍する先輩の声を紹介
×
  • 卒業生
    卒業生
    26歳で飛び込んだ福祉の分野。とてもやりがいのある仕事に就けた喜び。
    定 賢太郎
    赤穂仁泉病院/精神保健福祉士
    定 賢太郎
    赤穂仁泉病院/精神保健福祉士
    26歳で飛び込んだ福祉の分野。とてもやりがいのある仕事に就けた喜び。

    私の主な役割は、一般のワーカー業務の他に、ソーシャルワーカー室の責任者として のマネジメント全般、実習生の指導、アルコール依存症問題への取り組みがあります。また、施設内での取り組みだけではなく、地域社会にもこの問題を発信していくため、市民が参加できる勉強会も運営しています。26歳のときに大阪医専に入学し、この世界に飛び込みました。困難を抱える人を支えるという喜びに加え、ときには感謝の言葉までいただける、とてもやりがいのある仕事に就くことができたと感じています。(掲載内容は2017年3月時点の情報です)

奨学金・学費サポート

奨学金・学費サポート

×

社会人の皆さまへ

最大56万円の給付金を国が支給!
本学科の昼間部は『教育訓練給付(社会人対象)』認定学科です。

【社会人対象】専門実践教育訓練給付金について

社会人経験者で要件を満たした場合、最大で1年間56万円がハローワークから支給されます。
※本給付金は【昼間部】が対象。

「教育訓練給付制度」とは、厚生労働省より、働く人の主体的な能力開発の取り組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。2018年1月から、「専門実践教育訓練給付金」が拡充されました。

【在職者・離職者対象】専門実践教育訓練給付金
支給額
最大で1年間56万円(下記①+②)
  1. 受講中:教育訓練経費の50%(年間最大で40万円)
  2. 修了後:教育訓練経費の20%が追加支給(修了日から1年以内に一般被保険者として雇用された又は雇用されている等の場合)
対象者
  • 在職者・離職者ともに初めて教育訓練給付金を受給の場合、雇用保険被保険者期間が2年以上
  • ※2回目以降の受給の場合は雇用保険被保険者期間が通算3年以上
  • ※離職者の場合、受講開始日が離職後1年以内
【離職者対象】教育訓練支援給付金
支給額
離職直前の6ヵ月間に支払われた賃金額から算出された基本手当の日額に相当する額の80%
対象者
初めて専門実践教育訓練給付金を受給する離職者で、受講開始時に45歳未満などの一定条件を満たす場合に支給される。

なお、給付金手続きは事前にハローワークで行う必要があるため、早めに入学相談室に問合せください。

その他の学科・専攻

臨床学部

看護学部

療法学部

スポーツ健康学部

東洋医学部

医療情報学部

福祉学部

専科[短期集中講座]

大学生・社会人も通える「夜間部」