大阪医専ニュース

あはき・柔整業界唯一の新聞“鍼灸柔整新聞”主催 メガパン先生による『#音楽と鍼灸 座談会』を開催しました!

タグを見る

先日、大阪医専 総合校舎にて、あはき(※)・柔整業界唯一の新聞“鍼灸柔整新聞”主催で、本学の特別講師 メガパン先生による『#音楽と鍼灸 座談会』 が開催され、その様子が9/10(金)の鍼灸柔整新聞にも掲載されました。(※)あん摩マッサージ、鍼、灸の総称


当日は、学外からも音楽業界での活躍を志す鍼灸師や学生が多く参加し、大阪医専の卒業生や在校生も参加しました。大阪医専の代表として鍼灸学科の鈴村さんが登壇し、メガパン先生やその道を志す他校の学生と対談をしました。


メガパン先生には、「鍼灸の道を志したきっかけ」や「音楽と鍼灸という新しい道に至った経緯」、また「現在行っているアーティストへの鍼灸治療」など幅広く語っていただきました。
また、対談会の最後には、実際に目の前で鍼治療も披露いただきました。

医療・スポーツ・美容が当たり前であった鍼灸の世界に、『音楽×鍼灸』という新たな道を切り開いたメガパン先生。
参加した大阪医専の卒業生・在校生にとっても、新たな道を知り、視野を広げる貴重な機会となりました。



鍼灸学科(昼・夜 3年制)の特長  
東洋医学と西洋医学を融合させた医療が注目されています。本学では東洋医学だけではなく西洋医学からのアプローチも指導。複合的学科編成ならではの視野の広い鍼灸師養成を行い、将来的に独立開業できる臨床家を目指します。また、様々な最新医療機器を用いて鍼や灸の効能の研究にも取組み、現場に出て1歩差がつくはり師・きゅう師を育成します。

鍼灸学科についてもっと知りたい方は、オープンキャンパスに参加して確かめてみよう 
詳しくはこちら↓↓