首都医校ニュース

看護の道を歩む学生を応援する神聖なセレモニー「戴灯式」を行いました

タグを見る

看護学部の2年生による戴灯式を行いました。


戴灯式は、本格的な実習を始める前に、今一度「看護の道を歩むもの」として初心に立ち戻り気を引き締めるために行っているセレモニー。フローレンス・ナイチンゲールの誕生日、5月12日の「看護の日」に向けた記念行事として、毎年この時期に実施しています。学生たちは、保護者、教官、在校生、来賓の方々に見守られる中、厳かな雰囲気でキャンドルへの点灯を実施しました。