首都医校ニュース

学生が電車内で人命救助を行い表彰を受けました

タグを見る

救急救命学科の高村海人さんと只野巧さんが、電車内で倒れた方の人命救助を行い、JR東日本の渋谷駅長から表彰を受けました。

その日、高村さんと只野さんが電車に乗っていたところ、突然後ろの方で人が倒れたそうです。すぐに駆けつけて、1人が意識・呼吸・脈拍の確認を行い、心肺停止と判断。胸骨圧迫を開始しました。同時にもう1人が、到着した渋谷駅の職員に連絡、救急車の要請とAEDの手配を行いました。その後救急隊が到着するまでの間、2人で交代しながら胸骨圧迫を行ったとのことでした。

表彰式では、迅速かつ的確だったその行為に対して、渋谷駅長より感謝の意が告げられました。

高村さんと只野さんは、「日頃シミュレーション授業を通して身体で覚えていたことが、瞬間的に反応して動いていた。無我夢中で、動き始めの行動はあまり記憶になかった。」と語ってくれました。