先輩の声

各種サポート制度 利用学生の声「日本学生支援機構奨学金制度」篇

タグを見る

首都医校には、「卒業までの学費」「初めての1人暮らし」も安心なサポート制度があります。奨学金、提携教育ローン、アルバイト・働きながら学べる制度から、提携学生寮・アパート・マンションまで、多くの学生が制度を利用し、夢に向かって頑張っています。

今回は、『日本学生支援機構奨学金制度』を利用し学ぶ先輩の声を紹介します。


首都医校にしかない学びがあると確信。奨学金のおかげで、入学を決意できました。

  • 歯科衛生学科
    篠崎 羽蘭(栃木県出身)

    歯科衛生士を目指している私が首都医校を選んだのは、「医療の総合校」である強みを活かして、介護や言語聴覚のエキスパートたちと“チーム歯科医療”を実習できるところに魅力を感じたから。
    自分で選んだ学校だったので、親に頼らず学費も自力で調達したいと思い、「日本学生支援機構奨学金制度」を受けています。早く資格を取得して、現場で活躍したい気持ちでいっぱいです。

    昨年度開催した、首都医校のチーム医療教育はコチラから


日本学生支援機構奨学金制度とは

独立行政法人日本学生支援機構が運営する、国の奨学金制度で、多くの在校生が利用しています。第一種(無利子)と第二種(有利子)があり、いずれも在学中は無利子で、返還は卒業後7ヵ月後から始まるため、無理なく計画的に返還することができます。

『日本学生支援機構奨学金制度』の他、「特別提携 病院・施設 奨学金/学費免除制度」など本校独自の奨学金・学費免除制度もあります。制度の詳細については入学相談室まで問合せください。