先輩の声

各種サポート制度 利用学生の声「i(アイ)の会奨学金制度」篇

タグを見る

首都医校には、「卒業までの学費」「初めての1人暮らし」も安心なサポート制度があります。奨学金、提携教育ローン、アルバイト・働きながら学べる制度から、提携学生寮・アパートマンションまで、多くの学生が制度を利用し、夢に向かって頑張っています。

今回は、『i(アイ)の会奨学金制度』を利用し学ぶ先輩の声を紹介します。


育児も夢も妥協したくない。そんな私を支えてくれたのが、返還不要の奨学金でした。

  • 実践看護学科Ⅰ
    林 ひかり(東京都出身)

    首都医校は学生の年齢も幅広く、様々な経験を経て進学した方が多く通っていて、お互いに励まし合いながら頑張っています。
    私は育児中のため、金銭面の不安を減らす方法を入学前後から探していました。そんな中、入学時にもらったサポート制度紹介のパンフレットを読んだ時から気になっていたのが『i(アイ)の会奨学金制度』でした。『i(アイ)の会奨学金制度』は返還不要なので、子どもの教育費も準備しなければならない私にとって、とても心強かったです。
    卒業生の皆さんの期待に応えられるよう勉学に努め、必ず資格を取ってみせます。そして将来、救急医療の現場で迅速なアセスメントと処置ができる看護師として、社会のために役立てるよう頑張りたいです。


i(アイ)の会奨学金制度とは

首都医校の卒業生たちが着実な前進をするための相互援助協力機関として活動するi(アイ)の会。同会の目的を踏まえ、その活動の一環として次代の人材育成に寄与するために創設されたのが、この奨学金制度です。強い向学心を持ち、かつ経済的に学費を補う必要があると認められた学生に対し、iの会が奨学金として卒業年次の学費納入時に50万円を支給。返還の義務はありません。

『iの会奨学金制度』の他、「特別提携 病院・施設 奨学金/学費免除制度」など本校独自の奨学金・学費免除制度もあります。制度の詳細については入学相談室まで問合せください。