経験豊かな特別講師が直接指導「特別講義」

<スペシャルゼミ>六親会 湯川智美先生「何のために働くか」

タグを見る

働く上での根本的な課題とも言える「働く目的」。誰しも目的を見失って悩んだ経験が一度はあるのではないでしょうか。

今回のスペシャルゼミでは、社会福祉法人 六親会の常務理事の湯川智美先生を招き、「何のために働くか」そして「何のために学ぶのか」をテーマに講義いただきました。

六親会は、利用者の「個人の尊重」を最大限に守るべく、アクティビティ活動などを通じてADL(日常生活動作)の向上とQOL(生活の質)の充実に向けた社会福祉事業を実践しています。また、これらを人間愛の精神で目指すことを法人の理念とされています。

講義では、「自分のためだけに頑張り続けることの限界」「人のために働き、仕事を通して自己実現することの達成感」など、多くの福祉施設を運営し職員を育ててきた湯川先生ならではの心のこもったお話に、学生たちは真剣に聴き入っていました。


福祉の専門職を志す学生たちにとって、現場の最前線で活躍されている湯川先生から仕事との向き合い方について直接講義を受けることができ、それぞれの課題を見つめ直す機会となりました。


受講した学生の感想(一部)

  • 以前病院の事務として働いていた頃、自分の仕事がどんな役に立っているのか悩んだときのことを思い出しました。高度な医療に携わる専門職になりたいと思い入学した今、「何のために働くのか」「何のために学ぶのか」という先生のお話が心に響きました。将来は社会福祉士として、周囲とプロ意識を持つ同志(友達ではなく)のような関係を築きたいと強く感じました。


  • 私は中学の頃から介護福祉士になりたいと思っていましたが、今まで多くの人から心配され、自分でも自信を無くしかけていました。今回の講義を受けて、介護福祉士という仕事の在り方、自分のやりがい、そして将来像について考える良いきっかけとなりました。福祉の専門職に就く者としてしっかり自覚を持とうと思います。