大阪医専ニュース

【理学療法・作業療法・言語聴覚学科】就職ガイダンスを実施しました!66の病院・施設から担当者が来校

タグを見る

理学療法・作業療法・言語聴覚学科の学生を対象とした「リハビリ系合同就職ガイダンス」を開催!病院・施設から多くの人事・採用担当者が大阪医専に来校しました。

超高齢社会を迎え、ますます需要が高まるリハビリ系職種。需要の高まりとともに、これまで以上に幅広い活躍が期待されています。大阪医専の療法学部は、リハビリテーションの専門職を網羅する学科編成が特徴。他学科と共に学ぶことで多領域の技術を修得し、チーム医療の時代に即した、“現場で必要とされる”人材を育成します。

当日は、リハビリテーションのエキスパートを目指す270名の学生たちがガイダンスに参加。大阪府で中核となる計66の病院・施設から多数の担当者が来校し、業務の流れや職場の雰囲気などを学生たちに詳しくお話しくださいました。求人票だけではわからない生の情報を担当者から直接得た学生たち。就職活動に向け意識を高める非常に良い機会となりました。