大阪医専ニュース

アメリカ留学が決定!渡航費・学費は本学が支援します。

タグを見る

アメリカなど多くの国では渡航制限が11月から緩和され、ワクチン接種完了やウイルス検査、接触者の追跡に応じることを条件に入国できるようになります。大阪医専でも入国緩和の動きを受け、校費留学の準備を行っています。

~校費留学とは~

毎年卒業年度生から希望者を募る校費留学制度を設けています。アメリカやヨーロッパなど、医療・福祉先進国の専門学校や大学へ留学し、キュアやケアの技術・思想の違いに触れるとともに、 異文化での研究活動に接することで、既成の発想の枠を超えたエキスパートの育成を目的としています。必要な渡航費・学費(1年間分)は本学が支援します。


2023年1月校費留学予定
アメリカ カルフォルニア大学アーバイン校
向井春綺さん(高度臨床工学学科/兵庫県出身)

■大阪医専に入学した理由を教えてください。

「高校3年生の時から漠然と『医療に関わりたい』と思うようになりました。自分にあう学校を考えていたとき、オープンキャンパスに参加し、先生と学生の関係性が素敵だと思い、入学を決めました。」

■校費留学にむけて意気込みを聞かせてください!

「コロナ禍にも関わらず、校費留学という貴重な機会をいただき、本当に感謝しています。

海外で生活し、日本と違う文化や研究活動に触れることで、自分の価値観を広げ、医療人としても、人としても大きく成長したいと思います。」


高度臨床工学学科を目指している人は、オープンキャンパスに参加して確かめてみよう。

詳しくはこちら↓↓

https://www.iko.ac.jp/osaka/apply