大阪医専ニュース

看護学生による神聖なセレモニー「戴帽式」を行いました

タグを見る

今日、5月12日は「看護の日」。なぜこの日なのか知っていますか?

実は、「看護の日」は近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなみ制定されました。

その精神は現代にも継承されており、先日行われた「戴帽式」では、ナイチンゲールの功績を讃えて作られた誓いの言葉、「ナイチンゲール誓詞」を看護学生たちが唱え、看護の道を志す強い意思をあらたにしました。

学生たちは、保護者、教官、在校生、来賓の方々に見守られる中、「看護の精神」を表すナイチンゲール像のキャンドルの灯をひとり1人受け継ぎ、「ナイチンゲール誓詞」を唱えて看護師を目指す決意を胸に刻みました。

戴帽式を経て、学生たちは様々な病院や施設での初めての実習に向かいます。