大阪医専ニュース

青年海外協力隊での経験を寄稿:作業療法学科 寺村教官「作業療法ジャーナル」「国際リハビリテーション学 国境を超えるPT・OT・ST」

タグを見る

作業療法学科の寺村晃教官が執筆した記事が、2つの専門誌・専門書に掲載されています。リハビリ、国際協力に関心がある方はぜひお読みください!

寺村教官は本校作業療法学科の卒業生。青年海外協力隊で中南米のニカラグア共和国に赴任した経験を持つ、行動力と熱意に溢れる教官です。現地で実施した作業療法について、世界作業療法士学会連盟大会および日本作業療法学会で発表も行っています。

「作業療法ジャーナル」51巻1号に寺村教官執筆の記事「青年海外協力隊への参加前後の選択肢を考える」が掲載されています。

 出版社:三輪書店


「国際リハビリテーション学 国境を超えるPT・OT・ST」 に寺村教官執筆の文「ニカラグアで気づき、受け入れ、行動する」が掲載されています。

出版社:羊土社