先輩の声

【内定者VOICE】日本での就職が内定!実力のあるセラピストとして活躍したい。

タグを見る

内定先
日光会介護老人保健施設二葉園

  • 平野 佑弥

日本への留学を決めたきっかけ

日本に旅行に来た際、文化や自然に触れることで日本が好きになり、日本に住みたいという気持ちを持つようになりました。日本で働いている中国人の友人が、「留学し、努力をすれば日本で就職することも夢ではない」と教えてくれて、母国の大学を卒業した後、日本の学校へ入学する決意をしました。
作業療法に興味を持ったのは、「作業療法士」という職業が母国の中国にはないことが理由でした。

入学して良かったこと

大阪医専に入学する時には、入学相談室の先生が悩みなど色んな相談に乗ってくれたので安心でした。入学してからは先生やクラスメイトは仲が良く、勉強も楽しかったです。就職の時にはひとり一人に親切に対応してくれるので、書類や面接もスムーズでした。

将来の目標

運動療法分野での専門性を高め、実力のある作業療法士になりたいです。将来は、実力を持つセラピストとして、作業療法を祖国で広げたいです。

大阪医専を目指す後輩へひと言

一人暮らしを賄う費用はアルバイトで稼ぐことができますが、体調管理も大切にして下さい。