先輩の声

各種サポート制度 利用学生の声「提携病院の奨学金など、2つの制度の併用」篇

タグを見る

大阪医専には、「卒業までの学費」「初めての1人暮らし」も安心なサポート制度があります。奨学金、提携教育ローン、アルバイト・働きながら学べる制度から、提携学生寮・アパートマンションまで、多くの学生が制度を利用し、夢に向かって頑張っています。

今回は、『特別提携 病院・施設 奨学金/学費免除制度』と『日本学生支援機構奨学金制度』を利用し学ぶ先輩の声を紹介します。


提携病院からのサポートと奨学金を原動力に変えています。

高度看護保健学科
安田 七奈(兵庫県出身)

チーム医療について学びたいと思い、進学先に大阪医専を選びました。
そして、学費の一部にあてるため『特別提携 病院・施設 奨学金/学費免除制度』を利用しました。提携病院より奨学金を借りて学んでいるので、「絶対に国家試験に合格しなければ!」と、勉強にも気合が入ります。
もちろん、看護師になった先には「救急看護の認定看護師になる!」という夢もあります。奨学金を提供いただいている提携病院からの期待を原動力に変えて、夢を実現させます!


特別提携 病院・施設 奨学金/学費免除制度とは

大阪医専は、医療・福祉・健康分野のエキスパートを育成するために、病院・施設等とのネットワークを築いています。そのネットワークと確かな人材育成の実績により生まれたのが、病院・施設と特別提携する奨学金/学費免除制度です。※提携病院・施設や対象学科、支給額などは問合せください。

日本学生支援機構奨学金制度とは

独立行政法人日本学生支援機構が運営する、国の奨学金制度で、多くの在校生が利用しています。第一種(無利子)と第二種(有利子)があり、いずれも在学中は無利子で、返還は卒業後7ヵ月後から始まるため、無理なく計画的に返還することができます。

制度の詳細については入学相談室まで問合せください。