経験豊かな特別講師が直接指導「特別講義」

<スペシャルゼミ> 小児循環器疾患の克服戦略

タグを見る

経験豊かな最前線の特別講師が、専門領域の最新動向を直接講義。

今回は、りんくう総合医療センター 理事長の八木原 俊克 先生に「小児循環器疾患の克服戦略」をテーマに講義いただきました。

講義では、心臓の機能と役割から始まり、年間1万人もの出生児が心臓に先天的な疾患を持って生まれてくることなど、心臓手術の現状と歴史、具体的な手術方法についてお話頂きました。



学生の声(一部)

小児循環器疾患のほとんどが先天性であること、原因不明であることなどを知り、患者だけでなくその家族のサポートも必要だと感じた。

・子どもの今後の成長に合せた治療や手術を行うため、長期的な視野を持ちケアし続けることが看護師として求められていると思った。