名古屋医専ニュース

地震災害に備える!名古屋大学医学部附属病院での地震災害訓練に看護学生が参加!

タグを見る

名古屋大学医学部附属病院で11月8日に行われた災害訓練に、看護学部最高学年の学生たちがボランティアとして参加しました。


同病院は、愛知県での災害時に救急医療の拠点となる「愛知県災害拠点病院」のひとつで、名古屋医専の卒業生も複数活躍しています。訓練では、学生たちが被災した来院患者の役として、それぞれ設定された傷病内容(呼吸数・循環状態・意識レベル・受傷時の状況など)に基づき実演しました。

今回訓練に参加した看護学生の中には、災害医療を専攻する学生もおり、「通常の医療が機能しない災害現場」を想定した学びを活かして、医師・看護師の言動や処置に臨機応変に対応していました。

また、看護学生は救急救命学科など他学科とのチーム医療を学んでおり、今回のようなボランティア活動での救急医療の経験も経て、来春から医療人として医療現場に立つこととなります。

名古屋医専 3つの看護学科

■ 高度看護保健学科

4年間で「看護師」と「保健師」2つの国家資格を同時に取得できる全国でも希少な学科。災害医療専攻、保健医療専攻、感染医療専攻、予防医療専攻、在宅看護専攻があります。

■ 高度専門看護学科

2016年4月に新設。4年間でより高度な専門知識・技術を身につけ「看護師」の国家資格を取得できる学科です。専門看護師専攻、認定看護師専攻、救急看護専攻、国際看護専攻、独立起業専攻があります。

■ 実践看護学科

3年間で集中して「看護師」の国家資格を取得できる学科。内科専攻、外科専攻、小児・母性専攻、精神専攻があります。