福祉学部 介護福祉学科

  • 昼間部/2年制
取得できる資格/称号
  • 介護福祉士(国家資格※1
  • 福祉専門士
適用制度
  • 『国家資格 合格保証制度』
  • 『完全就職保証制度』

実習重視の実践授業。 ひとり1人に寄り添える介護福祉のエキスパートへ。

学びのポイント

  • 1
    充実設備と多彩なカリキュラム
    2年間で質の高い介護福祉士へ

    和室・キッチンを備え、高齢者や障がい者の生活をリアルに想定した実習室で行うことで、対象者に負担を掛けない質の高い生活支援技術を修得できます。

  • 2
    「チームケア」の授業も実施!
    看護・リハビリの知識・視点も

    医療・福祉の総合専門学校の強みを活かして、介護福祉士だけではなく看護師や作業療法士・言語聴覚士などの教官からも学べる「チームケア」の授業で幅広い視点を養うことができます。

  • 3
    グループ校・モード学園とも連携!
    メイク・アロマなど+αの技能

    短期集中型の講座「専科」やグループ校のモード学園とも連携。メイク・アロマ・ネイルなどの技能を身につけ高齢者や利用者さんに提供できる技術の幅を広げます。

  • 4
    経験豊かな特別講師が直接指導
    「特別講義」

    各分野から経験豊かな最前線の特別講師が教壇に立つ『スペシャルゼミ』・『T.O.L.講義』。業界のプロから直接学ぶことで、最新の動向を常にキャッチできるのがこの授業の特長です。

専攻

専攻

福祉を求める人に合せたより確かな支援を!最終年次で選べる独自の専攻教育 福祉を求める人に合せたより確かな支援を!最終年次で選べる独自の専攻教育
×

在宅医療・介護専攻

在宅医療の現状を看護師などから学び互いの役割や職域を知ることで質の高い介護を提供できる人材を目指す。

児童福祉専攻

障がいのある人の長寿化が進む背景で、子ども時代の生活歴や発達・療育状況を把握することによって、生活支援の幅を広げる。

生活リハビリ専攻

セラピーメイクやレクリエーションで日常生活に生きがいや自立した行動を提供できるためのスキルを習得する。

学びのステップ

  1. STEP 1

    1年次基礎実習・演習

    高齢者の心身の状態を理解し、基本的な生活支援技術を修得。1年次後期では介護現場での実習に参加し、土台を固めます。

  2. STEP 2

    2年次総合実践力・専攻教育

    知識や理論を深めながら、学外実習にて応用力を身につけます。また希望する職域の専攻教育と国家試験対策にも取り組みます。

  3. 資格証

    介護福祉士(国家資格)

    福祉施設や医療機関を中心に、介護という枠を超え、利用者の幸せを支援する存在として活躍。

授業ピックアップ

授業ピックアップ

名古屋医専だからできる、徹底した現場教育 名古屋医専だからできる、徹底した現場教育
×

笑顔で支援する「コミュニケーション技術」

コミュニケーションには手ぶりやうなずきなど、実は様々な技術があります。基本理念を知り、介護現場で必要とされるコミュニケーション能力を磨きます。

介護福祉士に認められた「医療的ケア」

法改正により介護福祉士の業務範囲が広がり、たんの吸引など医療的ケアが認められました。日常生活の営みに必要な支援に関する知識と技術を看護師などの教官から学びます。

楽しみながら学ぶ「生活支援技術」

介護で最も大切なことは、介護対象者と心を通わせること。介護対象者の年齢や立場に合せ、趣味や特技を活かしたリハビリテーションを学び、生活リハビリテーションにつなげます。

食事の知識・技術を学ぶ「生活支援技術」

食事は介護対象者にとって大きな楽しみの1つです。食べやすさや栄養バランス、味覚の変化など、実際に調理をしながら知識・技術を高めます。

作業療法士との「チーム医療・認知症」

QOL(生活の質)向上のエキスパートである作業療法学科の教官から、「その人らしく生きる」ための生活を構築する援助技法やリハビリテーション、介護技術を学びます。

奨学金制度

奨学金制度

入学後の負担を軽減する奨学金 入学後の負担を軽減する奨学金
×
  • 修学資金 貸付制度
    『愛知県介護福祉士等修学資金』

    月額5万円が在住の都道府県から支給される(入学・卒業時に準備金20万円以内を別途貸付可)。卒業後、連続して5年以上指定施設において介護業務または相談業務に従事した場合、返済免除になります。

    ※都道府県により対象にならない場合があります。

  • 学校独自の奨学金制度
    『特別提携 病院・施設 奨学金制度』

    本校提携先より支給される学校独自の奨学金制度。提携先から奨学金が支給され、卒業後はそのまま就職できる制度です。

    ※本制度の利用においては、学内選考があります。

資格/就職

資格/就職

資格を手にして、現場で活躍する 資格を手にして、現場で活躍する
×

資格・就職に責任を持つ保証制度


厚生労働省が指定する本学の学科において卒業認定を受けた人で、国家試験に万一合格できなかった場合、資格取得に向けた勉学を継続するために必要な学費は2年間本学が負担します。また卒業時に万一就職できない場合、卒業後、就職が決定するまでの必要な学費は本学が負担します。さらに卒業生が転職や再就職したいときにバックアップする『生涯バックアップシステム』も導入しています。


資格

取得できる資格/称号
  • 介護福祉士(国家資格※1)
  • 福祉専門士

※1介護福祉士の国家資格について 卒業と同時に5年間の期限付きで介護福祉士資格を付与。期限内に国家試験に合格するか、もしくは5年間現場で勤続することで継続して介護福祉士資格が付与されます。(改正法案の審議結果により、変更になる場合があります)

その他の資格

受験し合格することにより取得可能

  • 福祉住環境コーディネーター
  • 手話検定

講習を受講することにより取得可能

  • 初級障がい者スポーツ指導員(学内講習受講により取得可能)
  • 赤十字救急法救急員(外部講習受講により取得可能)

就職


活躍のフィールド

福祉施設や医療機関を中心に、介護という枠を超え、利用者の生活をプロデュースする存在としての活躍。
介護老人保健施設、特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)、 デイサービス、総合病院・大学病院、訪問介護事業所、訪問介護事業所 、障がい者(児)支援施設、社会福祉施設など、介護老人保健施設や特別養護老人ホームをはじめ、日本全国の信頼ある施設から毎年、3,000件以上の求人が寄せられます。



主な就職先

聖霊病院、千秋病院、済生会リハビリテーション病院、みなと医療生活協同組合、医療法人偕行会、医療法人光生会、医療法人清水会、社会福祉法人サンライフ、医療法人いつき会、社会福祉法人紫水会、愛厚ホーム 西尾苑、服部整形外科、こいし整形外科、カリヨン福祉会、介護老人保健施設みどり、なごや福祉施設協会、バーデン有料老人ホームグレイシャスビラ安城、フラワー園、よつ葉の会、らいふさぽーと遊、名古屋福祉センター株式会社、たんぽぽ介護センター、愛光園、介護老人保健施設あんず、介護老人保健施設みらいあ、恩賜財団愛知県同胞援護会、刈谷豊田総合病院高浜分院、松波総合病院、愛生福祉会、介護老人保健施設太陽、小川の里、星ヶ丘アメニティクラブ、長生福寿会、特別養護老人ホーム南山の郷、特別養護老人ホームショートステイ守牧苑、特別養護老人ホーム守牧苑、特別養護老人ホーム大和の里、特別老後老人ホーム舘山寺の里、特別老後老人ホーム葉栗の郷、特別老後老人ホーム鳩の丘、並木病院、北医療生活協同組合北病院、弥富福祉会、有限会社テクトサービス(デイサービスセンター大家族)、特別養護老人ホーム養生訓園、エム・オーヒューマンサービス、すずかけ福祉会、昭徳会、西川端児童館、ヨナハ老人保健施設、上飯田リハビリテ-ション病院、樫の木福祉会、アルメゾンみづほ、社会福祉法人尾張健友福祉会、社会福祉法人 聖家族の家、総合青山病院、すずらん保育園、老人保健施設瑞光の里 他(姉妹校 首都医校・大阪医専の実績も含む)


先輩メッセージ

先輩メッセージ

活躍する先輩の声を紹介 活躍する先輩の声を紹介
×
  • 卒業生
    卒業生
    社会人から転職!希望していた施設に、就職が決まったのは専門的に学べたから
    宇野 祥生
    恩賜財団同胞援護会/介護福祉士
    宇野 祥生
    恩賜財団同胞援護会/介護福祉士
    社会人から転職!希望していた施設に、就職が決まったのは専門的に学べたから

    高校を卒業後、社会人として働いていましたが、人に寄り添って生きていくことの大切さを知り、福祉の道へ進むことを決意。希望していた障害福祉関係の施設に就職が決まったときは、家族・仲間と一緒に喜びました。「専門」という一つの道をとことん追究して学びたかったので、名古屋医専に入学して良かったです。学校で出会った仲間や先生方、実習先で出会った高齢者の方や子どもたちと出会った時間は、これから現場に出る私にとってとても大切な宝物になりました。(掲載内容は2017年3月時点の情報です)

奨学金・学費サポート

奨学金・学費サポート

×

社会人の皆さまへ

最大112万円の給付金を国が支給!
本学科は『教育訓練給付(社会人対象)』認定学科です。

【社会人対象】専門実践教育訓練給付金について

社会人経験者で要件を満たした場合、最大で2年間112万円がハローワークから支給されます。

「教育訓練給付制度」とは、厚生労働省より、働く人の主体的な能力開発の取り組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。2018年1月から、「専門実践教育訓練給付金」が拡充されました。

【在職者・離職者対象】専門実践教育訓練給付金
支給額
最大で2年間112万円(下記①+②)
  1. 受講中:教育訓練経費の50%(年間最大で40万円)
  2. 修了後:教育訓練経費の20%が追加支給(修了日から1年以内に一般被保険者として雇用された又は雇用されている等の場合)
対象者
  • 在職者・離職者ともに初めて教育訓練給付金を受給の場合、雇用保険被保険者期間が2年以上
  • ※2回目以降の受給の場合は雇用保険被保険者期間が通算3年以上
  • ※離職者の場合、受講開始日が離職後1年以内
【離職者対象】教育訓練支援給付金
支給額
離職直前の6ヵ月間に支払われた賃金額から算出された基本手当の日額に相当する額の80%
対象者
初めて専門実践教育訓練給付金を受給する離職者で、受講開始時に45歳未満などの一定条件を満たす場合に支給される。

なお、給付金手続きは事前にハローワークで行う必要があるため、早めに入学相談室に問合せください。

その他の学科・専攻

臨床学部

看護学部

歯科医療学部

療法学部

スポーツ健康学部

東洋医学部

医療情報学部

福祉学部

専科[短期集中講座]

大学生・社会人も通える「夜間部」