News |

活躍する卒業生×教官 IKO/ISEN STORY vol.1

救急・臨床工学分野

活躍する卒業生×教官
現場で働きはじめた今だから、 聞きたいことがある。話せることがある。

本学には、現場で活躍する卒業生が、卒業してからも気軽に母校に足を運び、教官に相談をしたりアドバイスを受けたり、在校生と交流できる環境があります。指導を受けた教官と同じ資格保有者となり、現場で働きはじめた今だから、聞きたいこと。そして話せること。

本学を卒業し、現在医療・福祉・スポーツの第一線で活躍する先輩たちから、これからこの分野を目指そうと考えている皆さんへの応援メッセージが届きました。

現場で、ふと思い出す教官の言葉。

野林さん(右)と救急救命学科 内藤雅之教官

<プロフィール>
救急救命士 野林 綾加さん
横浜市消防局 勤務
救急救命学科 2009年卒

体力が資本の仕事なので、体力を維持することも重要ですが、救急隊として現場に到着した際、傷病者が「救急隊が来て安心した」と言ってくださる時にやりがいを感じます。
いま考えると、学生の間にしか学べないことがたくさんあったなと感じます。そして現場に出たときにふと、教官の言葉を思い出します。 だから学生時代は1つでも多くのことを学び、自分の可能性を見つけてほしいです。



自分の知識が役立つ環境で、毎日が充実!

小松さん(左)と臨床工学学科 辻竜之介教官

<プロフィール>
臨床工学技士 小松 美菜子さん
奈良県立医科大学附属病院 勤務
臨床工学学科 2009年卒

臨床工学技士として、今の病院ではまだ入職したばかりですが、自分の知識が役立つ環境で、毎日充実しています。学生時代は勉強が大変だとは思います。でも、医療の最先端は、常に進化しているので、働き出しても覚えることがたくさんあります。
常に勉強。その先に、自分が活躍できる場所があるので、頑張ってください。



患者さんの「ありがとう」が、何よりも力に!

中村さん(右)と看護保健学科 津田哲教官

<プロフィール>
看護師・保健師 中村 美絵さん
大阪府済生会吹田病院 勤務
看護保健学科 2005年卒

看護師は患者さんと関わる中で、自分自身の成長を感じることができる職業です。楽しいことより、つらいことの方が多い現場ですが、その分も喜びも大きく得られます。患者さんからの「ありがとう」が、何よりもがんばる力になる。
私はこの仕事に誇りを持っています。皆さんもがんばって、立派な看護師を目指してください。



コ・メディカルの重要な役割として。

森藤さん(右)と診療情報管理学科 小坂清美教官

<プロフィール>
診療情報管理士・医療情報技師 森藤 祐史さん
地方独立行政法人 大阪府立病院機構 大阪府立急性期総合医療センター 勤務
診療情報管理学科 2008年卒

診療情報管理士は、病院の中で医療技術職と医療事務の中間にあり、コ・メディカルの重要な役割です。医師やその他の職種との会話なしでは成り立たないので、やはり他職種を理解するためにも「チーム医療」は大事。仕事で悩んだり、落ち込んだりすることもありますが、そんな時、相談できる母校の教官の存在は私にとって大きいです。



相談できる教官に感謝しています!

平さん(右)と理学療法学科 中西裕紀教官

<プロフィール>
理学療法士 平 慧史さん
国家公務員共済組合連合会 大手前病院 勤務
理学療法学科 2007年卒

様々な疾患の患者さんに対して、自分が学んだ知識や患者さんから教えてもらった経験を生かして臨床に取り組んでいます。同じ疾患名だとしても、同じ患者さんはいないので、常に疑問を持ち、少しの変化に気づくことが難しく大変です。それゆえ、やりがいは大きいですが、それでも悩んだときには、教官に相談すれば力になってくれるので感謝しています。



良きアドバイザー役も作業療法士の仕事。

南部さん(左)と作業療法学科 堤裕司教官

<プロフィール>
作業療法士 南部 計さん
洛和会音羽病院 勤務
作業療法学科 2007年卒

日々の勤務の中で、どうしても時間に追われてしまうことがとても大変ですが、患者さんの症状がよくなっていき、笑顔を見ることができることにやりがいを感じます。患者さんのためにも、作業療法士は必要不可欠な仕事です。よきアドバイザーとしても活躍できる作業療法士を皆さんにも目指してほしいです。



奥が深く、一生学んでいける、言語聴覚士。

中島さん(左)と言語聴覚学科 岡孝夫教官

<プロフィール>
言語聴覚士 中島 麻依子さん
国家公務員共済組合連合会 大手前病院 勤務
言語聴覚学科 2010年卒

言語聴覚士は、奥が深く、一生学んでいける、飽きのこない職業だと思います。まだ働き出して間もないですが、患者さん、ご家族に必要とされ、「ありがとう」「ご飯おいしいよ」と言う患者さんの笑顔に、とてもやりがいを感じます。医師や看護師からも意見を求められる責任のある仕事なので、一緒に頑張りましょう。



教官と色々な症状について相談しています。

高田さん(左)と視能療法学科 稲垣尚恵教官

<プロフィール>
視能訓練士 高田 雄介さん
大阪大学医学部附属病院 勤務
視能療法学科 2006年卒

「ありがとう」の一言。それこそが、この仕事のやりがいです。患者さんへの責任を伴う大変な仕事ですが、探究心を持ち続けていれば、きっと頑張れます。こうして母校に戻ってきた際に、教官と色々な症例について相談ができることは、自分の成長を感じます。
皆さんも探究心を持って、資格取得に向けて頑張ってください。



選手と共に感動を共有できる仕事。

喜多さん(右)とアスレティックトレーナー学科 和田圭司教官

<プロフィール>
アスレティックトレーナー 喜多 哲也さん
神戸製鋼ラグビーチーム 勤務
アスレティックトレーナー学科 2006年卒

アスレティックトレーナーは拘束時間が長いため、自分の時間が取りにくいという大変さがありますが、選手と共に感動を共有できることは、この上ない喜びとやりがいです。学生の間は出来るだけ多くのスポーツ現場に出向いて、経験を積んでください。
そして、メンタル・フィジカル両面からサポートできるトレーナーを目指してください。



介護への理想や、想いを大切に。

吉川さん(右)と介護福祉学科 近藤千香子教官

<プロフィール>
介護福祉士 吉川 朋宏さん
吹田特別養護老人ホーム松風園 勤務
介護福祉学科 2004年卒

介護の現場では、人員不足や専門分野でのレベルの低下が目立ってきています。集団生活の中で、個々に合った援助をするため、声なき声にどのように対応していくべきか試行錯誤の毎日です。皆さんの理想や想いを、いかに高齢者に還元できるかを考えながら、勉強に取り組んでください。
必ず学校で学んだことが、現場に出たときに役立ちます。