Library
看護分野

白井さつき

2012年卒
看護師

患者さんの「心のケア」を大切にしながら、不安や痛みを少しでも緩和していきたい。

私は今、東京都東村山市にある多摩北部医療センターの内科病棟で看護師をしています。

急性期医療を担う地域の中核病院なので、脳梗塞などの疾患で急に入院される方も多いのですが、うまく言葉を発することができない患者さんに対しても、表情やちょっとしたしぐさから「どうして欲しいか」といった気持ちを理解したいと思っています。

体温や血圧の測定、採血、点滴の交換など日々の看護業務は多岐にわたりますが、常にお声がけをしながら患者さんと接することを意識しています。「心のケア」を大切にすることで、患者さんの不安や痛みを少しでも緩和でき、笑顔を取り戻す役に立っていると実感できることが、この仕事のやりがいだと思っています。

看護師の仕事は一生続けていくことができる、やりがいの大きな仕事です。

私自身、将来的に結婚や出産をしても、ずっと続けていきたいと思っています。もちろん、看護の技術的な向上は常に求められますし、疾患や薬などの知識についても日々勉強が欠かせません。この道をめざそうと思った初心を忘れずに、努力を続けていくが大切だと思います。

また、同じ目標を持って励まし合いながら学んだクラスメートがいることも一生の財産になります。首都医校の看護学科には社会人経験のある人もいて、学ぶ意欲の強さにとても刺激を受けましたし、別の病院に就職しても定期的に会ってお互いのことを話し合える親友が、皆さんにもきっとできます。