ページの先頭です

ヘッダーのはじまりです

学校法人・専門学校 首都医校

医療・福祉からスポーツまで 「チーム医療」を実践する専門学校

姉妹校
大阪医専
名古屋医専

質問や相談、資料請求は気軽に入学相談室まで 【見学説明毎日】10:00~20:00(日・祝除く) 03-3346-3000




本文のはじまりです

取得できる公的・民間資格一覧

医療・福祉分野では、時代の要求に伴い、検定試験も年々増加しています。首都医校では、核となる資格はもちろん、社会に出て有益となる検定も幅広く取得できるようバックアップします。
養成認定校欄に◎マークのついた資格について、首都医校は各主催機関の養成認定校です。

資格名 資格の取得方法 養成
認定校
学科
第1・2種ME技術実力検定 (社)日本生体医工学会が認定する、専門資格。多種多様な医療機器を扱う医療従事者の医学的・工学的知識が問われる。  
診療報酬請求事務能力認定 厚生労働省認可の(財)日本医療保険事務協会認定。レセプトの作成や医療用語・保険制度など、医療事務に関する幅広い知識が問われる資格。あらゆる医療分野に活かせる。  
医事コンピュータ技能検定 医療秘書教育全国協議会認定。カルテに記載されている診療内容をコンピュータにより、正確に処理する能力が問われる資格。病院の情報化に対応していくのに必要。  
医療秘書技能検定 医療秘書教育全国協議会認定。医療の知識と秘書の技能が問われる資格(1~3級)。医療秘書に求められる幅広い知識と実務能力の高さを証明できる、人気の資格。  
診療情報管理士 (社)日本病院会主催。すぐに医療や研究に役立つように、カルテを正しく管理してデータを提供する診療情報管理能力が試される。病院の電子カルテ化が進む中、必要不可欠な資格。
医師事務作業補助技能認定試験 病院団体・公益社団法人全日本病院協会と一般財団法人日本医療教育財団との共催により実施する試験。医師事務作業補助業務の従事者として必要な医療文書の作成、医学・薬学、医療に関する法律・法令等の知識と技能のレベルを評価、認定することによって、その職業能力の向上と社会的経済的地位の向上に資することを目的としている。
赤十字救急法救急員 日本赤十字社認定。講座を受講し、受験することで取得できる資格。救急法救急員養成講座(赤十字救急法、心肺蘇生法、傷と出血、包帯、骨折・脱臼・捻挫、急病、搬送など)の受講が必要。  
障害者初級スポーツ指導員 (財)日本障害者スポーツ協会認定。障害者にスポーツを指導できる資格。『スポーツ心理学』『スポーツ実技』『整形外科学』などの科目を受講することで取得できる。
健康運動実践指導者 (財)健康・体力づくり事業財団認定の資格。エアロビクスなどの健康づくり運動の実践方法を指導する。試験に合格すると資格が得られる。
エアロビックダンスエクササイズインストラクター (社)日本エアロビックフィットネス協会認定の資格。インストラクターとしての理論と実技、指導力を確認する。認定テストに合格すると、公認インストラクターになれる。
アスレティックトレーナー (財)日本体育協会公認資格。スポーツ選手の健康管理、傷害予防、スポーツ外傷・傷害の応急処置、アスレティックリハビリテーション等に当たる。
手話技能検定 言語としての手話能力を測るための試験。手話を学んできた人が、自分の能力がどの程度であるかを理解できる。  
福祉住環境コーディネーター 東京商工会議所・各地施行商工会議所主催。高齢者や障害者が住みやすい住環境を提案する専門家。バリアフリー住宅のプラン作成や、福祉・介護用具、福祉・保険サービスなどの利用を支援する。  
医療情報技師 日本医療情報学会の認定資格。診療業務に関わる保健医療福祉情報システムの企画・開発および運用管理・保守を仕事とするため、情報システムを扱う技術と医療情報の知識が必要。  
ITパスポート試験 情報処理推進機構認定の情報処理技術者試験におけるレベル1の試験。技術者・ユーザ側といった区分なく、現在の情報技術社会において、すべての職業人が知っておくべき基礎知識を図る。  
スポーツリーダー (財)日本体育協会認定資格。地域におけるスポーツグループやサークルなどのリーダーとして、基礎的なスポーツ指導や運営にあたる。
JATI認定トレーニング指導者 日本トレーニング指導者協会(JATI)認定資格。スポーツ選手をはじめ老若男女、障害の有無を問わず様々な人々に対してトレーニングの指導を行う。5段階のうち職業として指導できる3級の取得を目指す。

本文のおわりです