ページの先頭です

ヘッダーのはじまりです

学校法人・専門学校 首都医校

医療・福祉からスポーツまで 「チーム医療」を実践する専門学校

姉妹校
大阪医専
名古屋医専

質問や相談、資料請求は気軽に入学相談室まで 【見学説明毎日】10:00~20:00(日・祝除く) 03-3346-3000




本文のはじまりです

 徹底した現場教育『授業ピックアップ』

幅広く小児領域も対応する「言語発達障害学」
子どものことばに対する訓練を行う言語聴覚士。広汎性発達障がいに対応する専門家としても期待が寄せられています。本校では、小児領域の学びも充実しています。
言語聴覚士養成用の評価試験「OSCE(オスキー)」
模擬患者に対して、臨床現場と同じように検査を行う「OSCE(客観的臨床能力試験)」。実習前に徹底して行い、声掛けのコツや検査手順について整理し、対応力を身につけます。
見えない障がいへの理解「高次脳機能障害学」
脳の損傷により、記憶・注意・行動・言語・感情などの機能に障がいがでる「高次脳機能障がい」。脳の機能を理解しながら、言語聴覚士としての適切な対応方法について学んでいきます。
増加する高齢者への対応「構音・嚥下障害学」
高齢者の患者さんが増加する現代。中でも飲食のときに唾液や食物が誤って気道に入ることで誤嚥性肺炎を患う高齢者が急増しています。嚥下機能の維持・向上を実践的に学びます。
理学療法士・作業療法士との「チーム医療・急性期リハ」
理学療法士や作業療法士と治療にあたる言語聴覚士。様々なアプローチがあることを知るため、本校では、理学療法士・作業療法士の専任教官からも急性期リハビリテーションについて学びます。

 基礎から実践まで『学びのステップ』

1年次
言語聴覚士としての基礎医学・臨床基礎
幅広い分野にわたる基礎医学を学習するとともに、後期からは検査法の学習も入ります。年次の終わりには見学実習として臨床現場に出向き、言語聴覚士の仕事内容をイメージして、今後の学習に活かしていきます。
2年次
臨床実習・実践力・国家試験
言語聴覚士が対応する様々な障がいの検査や訓練などを本格的に学習し、その統合的な実践の場として病院での実習を迎えます。さらに国家試験対策に取り組むとともに、希望する職域に合せた専攻を学びます。
資格試験合格
『言語聴覚士』として現場で活躍
幼児から成人、高齢者まで。リハビリテーション部門を中心に、医療・福祉・教育の現場で活躍。

 首都医校だからできる!『学びのポイント』

充実の学内実習環境
多種多様な検査道具を網羅した理想的な環境。
相手の症状・年代によって多様な検査を使い分ける必要があります。正しく使いこなすためには、まず実際の道具に触れることが大切。
本校では、臨床現場で用いる検査道具を網羅しているので、検査の本質がわかるまで徹底的に学習できます。
大学卒業者のキャリアアップ
文系・理系出身者ともに学んだ知識が活かせる。
言語や心理系科目などを幅広く学ぶ授業が多いですが、科学的、論理的な思考力が求められる職種でもあるため、理系出身者にも適した領域。文系・理系ともに大学で学んだ知識を活かし、言語聴覚士を目指すことでキャリアアップが可能です。
エキスパートを現場に送り出す責任と自信の証明。『国家資格 合格保証制度』と『完全就職保証制度』。
卒業時に万一、合格できなかった場合でも、学費免除で5年間は継続して勉学をサポートする『国家資格 合格保証制度』、さらに卒業時に万一就職できない場合、学費免除で就職が決定するまで勉学を継続できる『完全就職保証制度』(入学時35歳未満対象)を設置しています。
最前線の特別講師が、最新の業界動向を直接講義する。『スペシャルゼミ』・『T.O.L.講義』。
各分野から経験豊かな最前線の特別講師が教壇に立ち、実地指導にあたります。 業界のプロから直接学ぶことにより、最新の業界動向を常にキャッチできるのがこのゼミの特長です。※特別講義はカリキュラムの課外で年数回実施されるものです。また、講師陣・講義テーマは予定であり、変更される可能性があります。
これまでの特別講義レポートはコチラ
最終年次で選べる専攻教育

言語・発達専攻

言語機能の訓練について専門的に学ぶ。
本専攻では、言語機能の回復を目指すだけでなく、表現・仕草など非言語コミュニケーションで意思疎通をはかる方法など、幅広いコミュニケーション能力向上のためのスキルを専門的に学習します。

聴覚障害専攻

多様な知識で聴覚障がいを専門的に学ぶ。
乳幼児から高齢者までが対象となる「きこえ」の問題に取り組む言語聴覚士。本専攻では、さらに各種機器を用いた聴覚検査を学習し、より深い知識・技術・対応力を身につけます。

摂食・嚥下専攻

食べる機能の回復について専門的に学ぶ。
物を食べるということは生きていく上で最も基本的な行為です。本専攻では、嚥下のメカニズムをさらに詳しく学習し、摂食・嚥下障がいの患者さんにおける食事の工夫や訓練内容の習熟を目指します。

 資格/就職

資格

取得できる資格/称号

  •  言語聴覚士(国家試験受験資格)
  •  医療専門士

就職に活かす +α資格

  •  受験し合格することにより取得可能
  •  手話技能検定
  •  講習を受講することにより取得可能
  •  初級障がい者スポーツ指導員(学内講習受講により取得可能)
  •  赤十字救急法救急員(外部講習受講により取得可能)

就職

活躍のフィールド

リハビリテーション部門を中心に採用が活発化。成人や高齢者だけでなく、障がい児施設などでの活躍が期待されています。

  •   総合病院・大学病院
  •   リハビリテーション病院
  •   小児科病院
  •   脳神経外科病院
  •   介護老人保健施設
  •   特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)
  •   障がい者(児)支援施設
  •   児童福祉施設
  •   教育機関 など

主な就職先

東海大学医学部付属病院、杏林大学医学部附属病院、湘南鎌倉総合病院、総合東京病院、東大宮総合病院、山梨リハビリテーション病院、多摩川病院、聖テレジア病院、鶴巻温泉病院、大宮共立病院、緑成会病院、きぬ医師会病院、新戸塚病院、世田谷記念病院、新座志木中央総合病院、伊南行政組合、昭和伊南総合病院、蒲田リハビリテーション病院、加納岩山梨リハビリテーション病院、横浜旭中央総合病院、諏訪中央病院、名戸ヶ谷病院、新百合ヶ丘総合病院、平和台病院、筑波大学病院、新天本病院、多摩丘陵病院、千葉県千葉リハビリテーションセンター、伊東市民病院、小金井リハビリテーション病院、366リハビリテーション病院、日本聾話学校、武蔵嵐山病院、岩手県立療育センター、圏央所沢病院、埼玉成恵会病院、戸田中央総合病院、大野中央病院、竜王リハビリテーション病院、東戸塚記念病院、東葛病院、日本音声製作者連盟、千葉大学医学部附属病院、練馬リハビリテーション病院、みどりのリハビリテーション病院、横浜なみきリハビリテーション病院、東京北社会保険病院、春日部中央総合病院、原田病院、城北病院、松戸リハビリテーション病院、新越谷病院、埼玉石心会病院、さがみリハビリテーション病院、流山中央病院、新山手病院、千葉西総合病院、埼玉みさと総合リハビリテーション病院、茨城西南医療センター病院、中野共立病院、川崎協同病院、上尾中央総合病院、板橋中央総合病院、桜ヶ丘中央病院、磯子中央病院、清川病院、湯村温泉病院、座間総合病院、原宿リハビリテーション病院、彩の国東大宮メディカルセンター 他

 先輩・教官メッセージ

卒業生

古川 あゆ美

実習での出会いを通じて、必ず言語聴覚士になる、と決意した。

古川 あゆ美
公益社団法人 地域医療振興協会
東京北医療センター
言語聴覚士

首都医校は実践から学ぶ授業が多い専門学校です。まだ失語症の知識が少しついたばかりの頃でしたが、実際の失語症の方と面談させていただく授業があり、最後に「あなたと話せてよかったよ」とその方が力を振り絞って伝えてくださりました。自分の気持ちが通じた!それがとてもうれしく、このとき、どんなに大変でも必ず専門学校を卒業し、言語聴覚士になると決意しました。現場に出た今でもこのときの気持ちはずっと残っています。今まで普通にできたことができなくなっているのが患者さんです。その辛さを理解し、メンタルケアも大切にできる言語聴覚士でありたいと思います。

教官

橋本 武樹

求む、人間が好きな人。

橋本 武樹
言語聴覚士

言葉に関する働きは脳の中で行われている部分が大きいため、言葉の障がいも目に見えないものが多くなります。そのため、リハビリでは、専門学校の教科書に書かれている訓練法をそのまま行うのではなく、ひとり一人の患者さんに応じて工夫を凝らす必要があります。人間がどうやって言葉を話しているのか、患者さんはなぜそれが難しいのか、どうすれば再びできるようになるのかをさぐり続けるためには、人間に対する強い好奇心、つまり人間が好きだという気持ちが不可欠です。患者さんがよくなってくれた時の何ものにも代えがたい喜びを一緒に味わいましょう。


本文のおわりです