ページの先頭です

ヘッダーのはじまりです

学校法人・専門学校 首都医校

医療・福祉からスポーツまで 「チーム医療」を実践する専門学校

姉妹校
大阪医専
名古屋医専

質問や相談、資料請求は気軽に入学相談室まで 【見学説明毎日】10:00~20:00(日・祝除く) 03-3346-3000




本文のはじまりです

 徹底した現場教育『授業ピックアップ』

双方向対話型の授業「相談援助演習」
高齢者や障害者、生活困窮者など、それぞれに生活へのニーズがあり、答えは必ずしも一つではない場合が多いのが福祉の現場です。そのためには、他人の意見を尊重した上で、自分の意見を主張することが重要です。授業は、学生同士や学生と教官との対話形式を中心に行います。双方向対話型授業の実により、ソーシャルワーカーとして必要な多面的にものを見れる力と心構えを養います。
社会情勢を知る「現代社会と福祉」
社会福祉士に求められる業務は、社会情勢・法律と密接に関係します。例えば、法律の制定や改正により福祉を取り巻く環境は大きく変わります。そして、その新法の制定や法の改正は社会情勢の変化により起こるのです。「今」の生活を支える社会福祉士だからこそ、福祉分野だけに捉われず、広く社会情勢まで学ぶ必要があるのです。
精神保健福祉士との「チーム医療・精神保健福祉」
社会福祉士と同じソーシャルワーカーとして精神保健福祉士の存在があります。その違いは、社会福祉士は高齢者、児童、障害者等の福祉全分野を担っていますが、精神保健福祉士は精神障害者の保健・福祉に特化しています。お互いの領域を理解することで、視野の広い社会福祉士を目指しましょう。

 基礎から実践まで『学びのステップ』

1年次:前期
基礎・演習と現場実習
高度・複雑化する多種多様な福祉課題に対応できる相談援助の知識・技術、ソーシャルワーカーの価値・倫理について学び、現場実習につなげていきます。
1年次:後期
国家試験対策と専攻
前期で学んだ知識・技術を深化させ、総仕上げの実習に取り組みます。また、総復習と模擬試験による国家試験対策を強化し、将来の現場を見据えた専攻に分かれて学んでいきます。
資格試験合格
『社会福祉士』として現場で活躍
相談援助職として、ますますニーズが高まる公的機関、福祉関連企業などで活躍。

 首都医校だからできる!『学びのポイント』

1年間で資格取得・就職を実現
全国でも屈指の合格率。1年間でも充実の対策サポート。
現場経験豊富な教官による講義・演習・実習を組み合わせたカリキュラムで現場で通用する実践力の修得はもちろん、「国家試験対策講座」で試験の出題傾向と対策をしっかり学びます。
相談援助に磨きをかける実践授業
相談援助の理論と方法を理解する。
福祉の現場では、必ずしも答えが1つではない課題が多く存在します。社会福祉士の活動の核となる、相談援助の過程とそれに関わる知識・技術を学び、演習方式で利用者ひとり1人の支援計画を作成し、検討します。
エキスパートを現場に送り出す責任と自信の証明。『国家資格 合格保証制度』と『完全就職保証制度』。
卒業時に万一、合格できなかった場合でも、学費免除で5年間は継続して勉学をサポートする『国家資格 合格保証制度』、さらに卒業時に万一就職できない場合、学費免除で就職が決定するまで勉学を継続できる『完全就職保証制度』(入学時35歳未満対象)を設置しています。
最前線の特別講師が、最新の業界動向を直接講義する。『スペシャルゼミ』・『T.O.L.講義』。
各分野から経験豊かな最前線の特別講師が教壇に立ち、実地指導にあたります。 業界のプロから直接学ぶことにより、最新の業界動向を常にキャッチできるのがこのゼミの特長です。※特別講義はカリキュラムの課外で年数回実施されるものです。また、講師陣・講義テーマは予定であり、変更される可能性があります。
これまでの特別講義レポートはコチラ
1年間の学びを実践につなげる専攻教育

生活サポート専攻

「つなぐ」機能に焦点を当てて学ぶ。
地域において、その人らしい在宅生活を継続していけるよう支援するのがソーシャルワーカーの重要な仕事の1つ。地域包括支援センター、居宅介護支援事業所、デイサービスセンターなどの相談員の視点に立って、事例検討を重ねることにより、利用者の多様なニーズと地域の社会資源を効果的に連携させるソーシャルワーカーを育成します。

自立サポート専攻

利用者を「まもり、ささえる」スキルを学ぶ。
利用者の希望や自己選択を尊重し、エンパワメントが促進されるようサポートするソーシャルワーカー。福祉施設などの相談員の視点に立って、様々な実践モデルとアプローチを学び、利用者の就労・自立・社会参加・権利擁護についての具体的な事例を検討し、援助者として何ができるかを明らかにしていきます。

 資格/就職

資格

取得できる資格

  •  社会福祉士(国家試験受験資格)

就職に活かす +α資格

  •  受験し合格することにより取得可能
  •  福祉住環境コーディネーター
  •  手話技能検定
  •   講習を受講することにより取得可能
  •  初級障がい者スポーツ指導員(学内講習受講により取得可能)
  •  赤十字救急法救急員(外部講習受講により取得可能)

就職

活躍のフィールド

病院の精神科や社会福祉施設などで、患者が望む生活を実現する存在として活躍。在宅分野での需要も。

  • 総合病院・大学病院
  • 高齢者福祉施設
  • 障がい者(児)支援施設
  • 児童福祉施設
  • リハビリテーション病院
  • 社会福祉協議会
  • 市区町村 など

主な就職先

神奈川県福祉事業団、横浜市社会福祉協議会、障害者支援施設 航、ヒューマンライフケア、東京総合保健福祉センター江古田の森、育桜福祉会、湘南厚木病院、恩賜財団東京都同胞援護会、介護老人保健施設セントラル大田、介護老人保健施設ハートケア東大宮、嬉泉、介護老人保健施設リハリゾート青葉、特別養護老人ホーム小平健成苑、特別養護老人ホーム飛鳥晴山苑、特別養護老人ホームいなぎ正吉苑、特別養護老人ホーム清明園、石塚医院、善光会 特別養護老人ホーム多摩済生園、総合福祉センター弘済学園、介護老人保健施設さくらの杜、特別養護老人ホームあゆみえん、特別養護老人ホームマイホーム習志野、特別養護老人ホーム喜多見ホーム、品川総合福祉センター、東京武尊会、福栄会、世田谷記念病院、芳寿会、六親会、戸田中央総合病院、新松戸中央総合病院、白根学園、山王リハビリステーション、新座市役所、三徳会、文化学習協同ネットワーク、上尾中央医科グループ協議会、練馬総合病院、赤羽リハビリテーション病院 他

 先輩・教官メッセージ

卒業生

小原 美沙

福祉の仕事がしたいと思った気持ちが何よりも大切。

小原 美沙
横浜なみきリハビリテーション病院
社会福祉士

自分が働きたいと思っていた職場でいま働けていること、実際に患者さんやご家族に支援をしていけることを何より嬉しく思います。皆さんも人と関わること、支援を学ぶことを通して自分自身をさらに知り、仕事の枠を超えて変化していく自分を楽しみながら、「支援を通して誰かのために何かできる」ことを実感できる福祉の世界を楽しみに進んでください。

教官

元橋 良之

誰もが人間らしく暮らせる社会を、ともに考えていきたい。

元橋 良之
元 地域包括支援センター堀切
社会福祉士、精神保健福祉士
介護支援専門員

福祉ニーズの高度化・多様化が進む近年は、従来の福祉領域にとどまらず、教育・医療・司法・行政など多様な職場で社会福祉士の知識や技術が求められています。今、福祉は様々な場面で適用可能な知見なのです。首都医校は複合的学科が専門学校です。本校だからこそ、福祉・保健・医療の対象である人間や地域社会を総合的に捉える広い視点が養えます。誰もが人間らしく安心して暮らせる社会を、ともに考えていきましょう。


本文のおわりです