ページの先頭です

ヘッダーのはじまりです

学校法人・専門学校 首都医校

医療・福祉からスポーツまで 「チーム医療」を実践する専門学校

姉妹校
大阪医専
名古屋医専

質問や相談、資料請求は気軽に入学相談室まで 【見学説明毎日】10:00~20:00(日・祝除く) 03-3346-3000




本文のはじまりです

 徹底した現場教育『授業ピックアップ』

最新施設・設備での「臨床動作分析」
痛みの原因を見い出すためには、正常な動作を理解しておく必要があります。本校では、様々な解析装置を用いた実習により、納得とより深い理解を追求する授業を行っています。
関節や筋力について学ぶ「運動療法実践論」
関節の曲げ伸ばしにより可動範囲を広げたり、歩行などの日常動作の訓練を行う運動療法治療。患者さんの障がいに応じた治療法について講義と実技で学んでいきます。
痛みを抑え回復を助ける「物理療法学実習」
電気・温熱・光などの物理療法機器を使用し、痛みや炎症を緩和させる物理療法。その原理と目的、適応と禁忌、リスク管理などについて知識修得していきます。
訪問リハビリにも対応「日常生活活動演習」
住居でのリハビリを望む患者さんが増えています。本校では、学内に住居を再現した実習室を完備。住居内でのリハビリのあり方から、段差解消など住居内の改修についても学習します。
介護福祉士との「チーム医療・高齢者介護技術」
衣類の着脱や食事の介助・移動などの基本的な介護技術の修得は、理学療法士にも不可欠。本校では介護福祉士の専任教官から基本となる介護技術を徹底して学びます。

 基礎から実践まで『学びのステップ』

1年次
基礎医学・人間力
一般教養科目と解剖学や病理学など基礎医学を中心に学びます。身体の基本的な構造・機能を理解するとともに、医療スタッフとしての資質を育成するための教養を身につけます。
2年次
臨床基礎・理学療法士としての専門力
整形外科学や脳神経医学など理学療法に関わる医学を本格的に学習します。また患者さんの状態を的確に把握する方法や視点を養い、理学療法士の土台を形成します。
3年次
臨床実習・応用力
疾患や障がいに対応する幅広い技術を学び、実践的な学内実習が本格化します。更に臨床現場での実習に参加し、これまでの学びを確認します。
4年次
総合実践力・国家試験
学びの集大成としての本格的な臨床実習で、総合的な実践力を高めます。さらに国家試験対策と卒業研究に取り組むとともに、希望する職域に合せた専攻を学びます。
資格試験合格
『理学療法士』として現場で活躍
病院・整形外科、リハビリセンターだけではなく、スポーツ現場や福祉施設など幅広く活躍。

 首都医校だからできる!『学びのポイント』

基礎からじっくりな学べる、実習重視の4年制教育。
「高度専門士」も付与される実践的な4年制カリキュラム。
現場が求める即戦力のある理学療法士になるため、知識・技術・人間性を段階的に修得し、広い視野と応用力を持った理学療法士を目指します。また昼間部の卒業時に「高度専門士」も付与され、学歴・待遇面で大学卒業者と同等の扱いとされます。
幅広い視野をもつ理学療法士を育成
スポーツ分野のアスレティックトレーナーや医師からも直接指導が受けられる。
本校は複合的学科編成が特長で、様々な専門職の専任教官がいます。理学療法士の教官以外にアスレティックトレーナーや医師などからも指導が受けられるため、視野や考え方が広がり、洞察力の鋭い理学療法士を目指します。
エキスパートを現場に送り出す責任と自信の証明。『国家資格 合格保証制度』と『完全就職保証制度』。
卒業時に万一、合格できなかった場合でも、学費免除で5年間は継続して勉学をサポートする『国家資格 合格保証制度』、さらに卒業時に万一就職できない場合、学費免除で就職が決定するまで勉学を継続できる『完全就職保証制度』(入学時35歳未満対象)を設置しています。
最前線の特別講師が、最新の業界動向を直接講義する。『スペシャルゼミ』・『T.O.L.講義』。
各分野から経験豊かな最前線の特別講師が教壇に立ち、実地指導にあたります。 業界のプロから直接学ぶことにより、最新の業界動向を常にキャッチできるのがこのゼミの特長です。※特別講義はカリキュラムの課外で年数回実施されるものです。また、講師陣・講義テーマは予定であり、変更される可能性があります。
これまでの特別講義レポートはコチラ
昼間部の最終年次で選べる専攻教育

整形外科専攻

理学療法士の主要分野をより深く学ぶ。。
理学療法士の主要分野である整形外科的疾患。本専攻では、3次元動作分析装置などで筋・関節の構造と機能に対する理解を十分に深め、整形外科的疾患を持つ患者さんに対応できる理学療法士を目指します。

スポーツリハビリ専攻

スポーツ分野で活躍する理学療法士を目指す。
トップアスリートたちのコンディショニング・トレーニング・故障後のケアを担当するのも理学療法士。現場経験の豊富なトレーナーから学び、スポーツ分野で活躍できる理学療法士を目指します。

中枢神経専攻

脳血管疾患に対応できる高い技能を修得。
脳血管疾患は日本の三大死亡原因の1つ。本専攻では、中枢神経系の構造・機能の理解を深め、麻痺による動作障がいの分析方法を修得し、患者さんの多様な症状に対応できる幅広い技術を身につけます。

独立起業専攻

将来の独立起業に備えた知識を修得。
コンサルタント、スポーツジムの運営など、医療・福祉分野における理学療法士の独立起業の形態は様々です。本専攻では、理学療法士が独立起業するために必要となる知識について幅広く修得します。

 資格/就職

資格

取得できる資格/称号

  •  理学療法士(国家試験受験資格)
  •  高度専門士(昼間部)
  •  医療専門士(夜間部)

就職に活かす +α資格

  •  受験し合格することにより取得可能
  •  福祉住環境コーディネーター
  •  手話技能検定
  •  講習を受講することにより取得可能
  •  初級障がい者スポーツ指導員(学内講習受講により取得可能)
  •  赤十字救急法救急員(外部講習受講により取得可能)

就職

活躍のフィールド

医療機関だけではなく、スポーツチームのサポートも。リハビリテーションを通じて地域医療へ貢献。

  •   総合病院・大学病院
  •   整形外科
  •   リハビリテーション病院
  •   スポーツチーム
  •   訪問看護ステーション
  •   デイケアセンター
  •   健康増進施設
  •   介護老人保健施設
  •   特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)
  •   独立起業 など

主な就職先

総合東京病院、JR東京総合病院、綾部ルネス病院、いずみ記念病院、イムス三芳総合病院、塩山市民病院、ガイヤリハビリ訪問看護ステーション、河北総合病院、河北リハビリテーション病院、晃友脳神経外科クリニック、五反田リハビリテーション病院、埼玉よりい病院、下総病院、世田谷記念病院、多摩川病院、ちょう整形外科クリニック、原宿リハビリテーション病院、平成横浜病院、本田整形外科、町田慶泉病院、みどり野リハビリテーション病院、有隣病院、リハビリケア葛飾、リハビリポート横浜、磯子中央病院、宇都宮リハビリテーション病院、羽村三慶病院、横浜旭中央総合病院、蒲田リハビリテーション病院、興生総合病院、原田病院、甲府城南病院、高島平中央総合病院、国分寺病院、札幌西円山病院、春日部中央総合病院、初台リハビリテーション病院、初富保健病院、所沢明生病院、小金井リハビリテーション病院、小山市民病院、小倉記念病院、松戸リハビリテーション病院、上尾甦生病院、足立東部病院、新上三川病院、新天本病院、森之宮病院、神谷病院、杉並リハビリテーション病院、清川病院、白金整形外科病院、赤羽リハビリテーション病院、千葉徳州会病院、川﨑協同病院、川﨑南部病院、大泉生協病院、大野中央病院、第一病院、中野共立病院、東芝林間病院、東大宮総合病院、等潤病院、南町田病院、熱海所記念病院、八千代リハビリテーション病院、板橋中央総合病院、明生リハビリテーション病院、明理会中央総合病院、緑風荘病院 他

 先輩・教官メッセージ

卒業生

茂木 宏樹

知識や技術だけでなく、
患者さんとのコミュニケーションを大切にしたい。

茂木 宏樹
総合東京病院
理学療法士

リハビリテーション医学という分野の仕事があるのを初めて知ったのは高校3年生の時。卒業後、専門学校を経て運送関係の仕事を経験し、身体をケアすることの大切さを実感しました。それがきっかけとなり、障がいがある方の基本動作や運動能力の回復をはかる理学療法士になりたい、規模の大きな学校で大勢の仲間と一緒に勉強したいと思い、再度、専門学校へ通うことを決意。理学療法士が目指せて、多くの仲間と幅広く学べる専門学校こそが首都医校でした。首都医校での「コミュニケーション能力開発」や「OSCE(オスキー:客観的臨床能力評価試験)」の授業は、歳の離れた患者さんとのコミュニケーションの取り方に悩んでいた自分にはとても役立ち、自信を持てるようになりました。

教官

村田 博之

高齢社会を支える理学療法士として

村田 博之
元 新八千代病院
理学療法士

高齢社会を担うこれからの理学療法士には、医療や介護の場のみならず、予防や健康増進に関わるなど多面的な活動が期待されます。一方、どんなに医療が進歩しても、変わらずに大切なのは、対象者の立場になって考えることのできる人間性です。首都医校は知識や技術を幅広く学び、人間性までも育成することができる専門学校です。ぜひ、この教育環境の整った専門学校で一緒に学び、これからの高齢社会を支えていきましょう。


本文のおわりです