ページの先頭です

ヘッダーのはじまりです

学校法人・専門学校 首都医校

医療・福祉からスポーツまで 「チーム医療」を実践する専門学校

姉妹校
大阪医専
名古屋医専

質問や相談、資料請求は気軽に入学相談室まで 【見学説明毎日】10:00~20:00(日・祝除く) 03-3346-3000




本文のはじまりです

 徹底した現場教育『授業ピックアップ』

機器・道具の充実した環境での「基礎作業学」
作業療法には、患者さん個々の状況に応じて様々な道具が用いられます。ひとり1人の状況・ニーズに対応できるように、首都医校では、陶芸・手工芸・絵画・木工はもちろん、革細工・機織りから音楽・レクリエーションなどの様々な分野の道具を使って、幅広く作業を学んでもらいます。
専任教官による実践授業「身体障害治療学」
将来、実際の臨床現場に出向いたときに、障害者の視点で状況を理解するための基礎を養います。身体障害領域における治療と患者さんへの援助について、専任教官による実技・事例を交えた考察について学びます。
人体構造・機能への理解「解剖学実習」
作業療法に必要な動作分析をするためには、骨学・間接学・筋学などについての理解を、講義と実習により修得します。運動器系や神経の解剖学的基礎修得は最適なリハビリテーションを行う上で必須の能力です。
子どもへの介助・援助方法への理解「発達障害治療学」
発達時期に障がいを受けた子どもに対し、遊びを中心とした種々の作業活動を通じて、子どもの発達課題や治療方法について学びます。
言語聴覚士との「チーム医療・リハビリテーション」
言語聴覚士とも関わりが多い作業療法士。脳の機能障害などにおける様々なアプローチがあることを知るため、首都医校では言語聴覚士の専任教官からもリハビリテーションについて学びます。

 基礎から実践まで『学びのステップ』

1年次
基礎医学・人間力
人体のしくみや病気についてなど基礎医学を学びつつ、作業療法に関わる基本的な技術についても学んでいきます。医療従事者としての心構えや人間性についても育んでいきます。
2年次
臨床基礎・作業療法士としての専門力
精神医学や脳神経医学など作業療法に関わる医学を本格的に学習します。また障害の種類に応じて状態を的確に把握する方法や、視点を養うための学内実習を行い、作業療法士の土台を形成します。
3年次
臨床実習・応用力
疾患や障害に応じた作業療法の学びが本格化します。また臨床現場での実習に参加し、応用的動作能力と社会的適応能力の回復に向けた作業療法の本質を理解します。
4年次
総合実践力・国家試験
学びの集大成としての本格的な臨床実習で、総合的な実践力を高めます。さらに国家試験対策と卒業研究に取り組むとともに、希望する職域に合せた専攻を学びます。
資格試験合格
『作業療法士』として現場で活躍
病院などの医療機関はもちろん 老人保健施設や在宅介護支援センター、訪問リハビリテーションなどでも活躍。

 首都医校だからできる!『学びのポイント』

基礎からじっくり学べる、実習重視の4年制教育。
「高度専門士」も付与される実践的な4年制カリキュラム。
専門学校卒業後すぐに現場が求めるレベルで即戦力の作業療法士と活躍すべく、4年をかけて知識・技術・人間性を修得します。首都医校のカリキュラムを通じ、広い視野と応用力を養ってください。また昼間部の卒業時には「高度専門士」も付与され、大学卒業と同等の扱いを学歴・待遇面で受けることができます、卒業後に大学院への進学を目指すことも可能です。
多領域に精通した指導陣からの授業
それぞれの患者さんに特化した作業療法が学べる指導陣。
作業療法士は、身体障害者、精神障害者、発達障害者、高齢者など多種多様な患者さんを相手にするため、それぞれに特化した作業療法を知っておく必要があります。首都医校は、対象者ごとの作業療法士が専任教官として指導にあたります。さらに、本校は多くの学科を有する専門学校です。その環境を活かし、身体障害者の療法に携わる理学療法士、精神障害者の社会復帰を支援する精神保健福祉士、高齢者の介護を行う介護福祉士などからの指導も受けてもらい、ワンランク上の作業療法技術を培うことが可能です。
エキスパートを現場に送り出す責任と自信の証明。『国家資格 合格保証制度』と『完全就職保証制度』。
卒業時に万一、合格できなかった場合でも、学費免除で5年間は継続して勉学をサポートする『国家資格 合格保証制度』、さらに卒業時に万一就職できない場合、学費免除で就職が決定するまで勉学を継続できる『完全就職保証制度』(入学時35歳未満対象)を設置しています。
最前線の特別講師が、最新の業界動向を直接講義する。『スペシャルゼミ』・『T.O.L.講義』。
各分野から経験豊かな最前線の特別講師が教壇に立ち、実地指導にあたります。 業界のプロから直接学ぶことにより、最新の業界動向を常にキャッチできるのがこのゼミの特長です。※特別講義はカリキュラムの課外で年数回実施されるものです。また、講師陣・講義テーマは予定であり、変更される可能性があります。
これまでの特別講義レポートはコチラ
最終年次で選べる、独自の4専攻。

身体障害専攻

多様な身体障害への専門性を磨く。
一口に身体障害といってもそのあり方は多種多様です。本専攻では、脳血管障害の中枢疾患と脊椎損傷などの整形外科疾患について理解を深めながら、身体障害に対する作業療法を専門的に学習します。

精神障害専攻

社会復帰を支援する作業療法を学ぶ。
社会復帰こそが精神疾患の患者さんにとって最大の目的です。本校は、多くの医療系専攻を有する専門学校です。関連学科と連携し、治療・リハビリ・社会復帰までの一連の理解を深めます。具体的には、生活技能の向上・社会復帰に有効な作業療法を学習します。

発達障害専攻

発達障害児の就学支援療法を学ぶ。
エキスパートとして発達障害児とその家族が抱える課題に取り組むために、発達障害への理解を深め、援助するための作業療法のあり方を追求します。

老年期専攻

高齢者に対応する作業療法を専門的に学ぶ。
高齢者が相手の場合、高齢者の機能低下に応じた作業療法を提供しなければなりません。高齢者向けの作業療法を専門的に学びながら、効果的な作業活動、レクリエーション、日常生活援助法を修得します。

 資格/就職

資格

取得できる資格/称号

  •  作業療法士(国家試験受験資格)
  •  高度専門士(昼間部)
  •  医療専門士(夜間部)

就職に活かす +α資格

  •  受験し合格することにより取得可能
  •  福祉住環境コーディネーター
  •  手話技能検定
  •  講習を受講することにより取得可能
  •  初級障がい者スポーツ指導員(学内講習受講により取得可能)
  •  赤十字救急法救急員(外部講習受講により取得可能)

就職

活躍のフィールド

病院やクリニックの他、精神科病院、福祉施設、さらには訪問リハビリ、予防医学へと広がる活躍フィールド。

  •   総合病院・大学病院
  •   病院・診療所
  •   リハビリテーション病院
  •   デイケアセンター
  •   介護老人保健施設
  •   特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)
  •   障がい者(児)支援施設
  •   精神科病院 など

主な就職先

東京医科歯科大学医学部附属病院、永生病院、初台リハビリテーション病院、戸田中央総合病院、横浜旭中央総合病院、小金井リハビリテーション病院、松戸リハビリテーション病院、赤羽リハビリテーション病院、蒲田リハビリテーション病院、朝霞台総合病院、新上三川病院、聖隷福祉事業団、国立病院機構名古屋医療センター、国立病院機構刀根山病院、鶴川サナトリウム病院、国立病院機構名古屋医療センター、兵庫医科大学病院、ウェルネス医療クリニック、南生協病院、協立総合病院、聖霊病院、第一東和会病院、ガイヤリハビリ訪問看護ステーション、武蔵嵐山病院、相模台クリニック、原田病院、東京労災病院、ジャパンケアサービス、大久野病院、永井ひたちの森病院、川越リハビリテーション病院、戸田病院、桜ヶ丘中央病院、いちはら病院、三方原病院、湯河原病院、愛仁会リハビリテーション病院、藤井会リハビリテーション病院 他(姉妹校大阪医専・名古屋医専の実績を含む)

 先輩・教官メッセージ

卒業生

堂前 紀江

手厚いサポートと他学科との交流で
幅広い視野を身につけることができた。

堂前 紀江
聖隷佐倉市民病院
作業療法士

女性が一生働ける仕事に就きたいと思い、高校時代に医療職体験に参加。その時に初めて身体が不自由な患者さんと接し、リハビリ職の魅力を知りました。首都医校では先生との距離がとても近く、授業や国家試験対策などの質問はもちろん、学外実習時などの慌しい時期には心理面のサポートもしていただき安心して学ぶことができました。また他学科の友人と一緒に勉強するなど、まさに専門学校の時代からチーム医療の雰囲気を感じることができました。作業療法士は人の人生に関わる仕事。自分の対応によって変化が見られるため、そこが面白くもあり、大変なときもあります。自分が関わった患者さんが改善に向かい、感謝の言葉をいただける瞬間は何よりも大きな喜びです

教官

瀬戸 初恵

対象者の気持ちに寄り添える
人材を育成します。

瀬戸 初恵
元 神奈川県総合リハビリテーション事業団
作業療法士

作業療法は、これからの超高齢社会において、必要不可欠な仕事です。活躍の場は、病院だけにとどまらず高齢者施設、家庭、療育と多岐に渡ります。そこでは、こころとからだのリハビリテーションを展開し、その人らしい生活の獲得を目指していきます。そのためには、人の営み(生きるための活動、仕事、余暇活動など)に興味をもつことからはじまります。専門学校時の授業では、医学的な知識を基礎として、身体の働き、心の働きを中心に学び、生活に結び付けて考える力を身につけていきます。また、困難さを抱えた対象者に寄り添う気持ちと冷静な判断力を養います。一緒に学びましょう。


本文のおわりです