ページの先頭です

ヘッダーのはじまりです

学校法人・専門学校 首都医校

医療・福祉からスポーツまで 「チーム医療」を実践する専門学校

姉妹校
大阪医専
名古屋医専

質問や相談、資料請求は気軽に入学相談室まで 【見学説明毎日】10:00~20:00(日・祝除く) 03-3346-3000




本文のはじまりです

 徹底した現場教育『授業ピックアップ』

家族の絆で患者さんを支える「小児看護学方法論」
家族は、患者さんにとって何よりも大きな存在です。また、患者さんに対し、よりより看護を提供するためにも家族の存在は必要不可欠なもの。「小児看護学方法論」では、健康障がいが小児とその家族におよぼす影響を理解し、必要な看護援助技術を学びます。
保健師として様々なフィールドで視野を広げる「公衆衛生看護学実習」
保健師は健康の維持と疾病の予防を啓蒙するために、市町村の保健センター、病院、企業、学校などを中心に活動をします。そのため、本校では実習の場を病院だけにせず、企業や学校でも行います。実習先ごとに抱える健康上の問題を抽出する機会を得ることで、保健師として幅広い知識と技術を学び、どのようなフィールドにあっても対応できる真のエキスパートに成長してもらいます。
予防医療や健康指導に対応「公衆衛生看護学方法論」
街ぐるみで健康づくりへの取り組んだ結果、その地域の住民の健康状態が改善することが報告されています。地域全体の健康を促進するために、地域住民の健康状態を調査し、その地域に適切な健康づくりへの取り組みが企画・実践できるように一連の流れを学習します。
実践力を高める「看護の統合と実践」
看護師には、患者さんの容体によって適切に調整した看護を提供することが求められます。「統合実習」によって、学んだ知識を統合し、適切な看護を提供する実践力を身につけます。
他職種との「チーム医療・他職種連携」
看護師・保健師共に、他職種への理解とコミュニケーション力は必要です。専門学校・首都医校には多くの学科が存在します。看護師・保健師以外の専任教官からも授業を受ける環境を整備し、チーム医療に貢献できる視野の広い看護師・保健師を育成します。

 基礎から実践まで『学びのステップ』

1年次
基礎科目・看護観
基礎科目と専門基礎科目を講義中心で進め、基礎医学と社会人としての教養を修得。初の病院実習となる臨地実習「基礎看護学実習」では患者さんとコミュニケーションを取りながらの実践と、看護師の業務内容を理解して事後の学びに活かします。
2年次
臨床基礎・実践力
1年次に引き続き、臨地実習に向けた看護学を学びます。たとえば、術後の看護の場合はどのような対応が必要なのかといった、受け持ち患者さんの状況に応じた援助の方法を学習。このような看護過程を演習で身につけていく時期です。
3年次
臨床実習・応用力
後期から成人・老年・小児・母性・精神・在宅にわたる専門の領域別実習がスタート。さらに公衆衛生看護実習に多くの時間を費やす時期です。看護師・保健師になるという自覚と責任が育まれる時期で、エキスパートに近づくことが実感できます。
4年次
総合実践力・国家試験
3年次に引き続き臨地実習を行います。総復習と模擬試験による国家試験対策講座を実施するとともに、希望する職域に合せた専攻を学びます。
資格試験合格
「看護師」「保健師」として現場で活躍
病院・クリニック、保健所、市区町村、民間企業などで、チーム医療、地域保健のリーダーとして幅広く活躍。また、卒業時に高度専門士の称号が付与されるため大学院への進学や実務研修を経て「専門看護師」「認定看護師」の資格取得で活躍の幅を広げることもできる。

 首都医校だからできる!『学びのポイント』

全国でも希少な「看護師・保健師」の統合カリキュラム校
4年間で看護師・保健師2つの視点を持つバランスの良い人材を育成。本校では、看護師と保健師の教育を一貫して行う、統合カリキュラムを採用。健康と病気は人間にとって表裏一体の存在です。看護師は医療に伴う処理を、保健師は健康増進・疾病予防の啓蒙をそれぞれ行います。対処内容が異なる2つの職種であっても、健康的な生活を送るという目的で医療係わっていることは変わりありません。首都医校では、看護師と保健師の教育を一貫して行い、患者さんに適切な処置を行い、健康増進を啓蒙できる、そのような視点を持った人材育成に努めています。
経験豊かな専任教官による“現場対応型の授業”を展開!
成人、老年、小児、母性、精神、在宅などの各領域のエキスパートが、豊富な臨床経験を活かし、現場に即した授業を展開。きめ細やかな指導で、ひとり1人の看護師としての専門的な知識、技術さらには人間性を育てます。
エキスパートを現場に送り出す責任と自信の証明。『国家資格 合格保証制度』と『完全就職保証制度』。
卒業時に万一、合格できなかった場合でも、学費免除で5年間は継続して勉学をサポートする『国家資格 合格保証制度』、さらに卒業時に万一就職できない場合、学費免除で就職が決定するまで勉学を継続できる『完全就職保証制度』(入学時35歳未満対象)を設置しています。
最前線の特別講師が、最新の業界動向を直接講義する。『スペシャルゼミ』・『T.O.L.講義』。
各分野から経験豊かな最前線の特別講師が教壇に立ち、実地指導にあたります。 業界のプロから直接学ぶことにより、最新の業界動向を常にキャッチできるのがこのゼミの特長です。※特別講義はカリキュラムの課外で年数回実施されるものです。また、講師陣・講義テーマは予定であり、変更される可能性があります。
これまでの特別講義レポートはコチラ
最終年次で選べる専攻教育

保健医療専攻

公衆衛生看護に必要な諸問題の解決法を学ぶ。
生活者の健康を守り、健康づくりに貢献する公衆衛生看護活動に携わる保健師。本専攻では、様々な機関と連携して問題解決に向けて取り組み、その結果を評価していく一連の流れをより深く学習します。

感染医療専攻

ウイルス・細菌感染と予防について深く学ぶ。
看護師・保健師には、院内感染や新型インフルエンザなどの感染症への正しい知識と適切な行動が求められます。そのためにも本専攻では、様々な感染症とその感染のしくみ、および予防対策について学習を深めます。

災害医療専攻

1人でも多くの命を救うために災害医療の課題を学ぶ。
病気に限らず、震災や台風などの災害時にも看護師の活動は求められます。通常の医療現場とは異なる災害という状況において、事前に必要な知識や心得について学んでおくことは、いざという時の活躍に必要になります。

在宅看護専攻

暮らしを支える在宅・介護領域における看護の役割を学ぶ。
超高齢社会の現代日本は、まさに医療の過渡期にあるといえます。当然、今後の重要性が高まるのが在宅看護の領域です。患者さんが住み慣れた自宅で看護を希望するのは当たり前です。本専攻では、在宅看護で必要な知識を学びます。

 資格/就職

資格

取得できる資格/称号

  •  看護師(国家試験受験資格)
  •  保健師(国家試験受験資格)
  •  第1種衛生管理者(保健師取得と同時に申請のみで取得可能)
  •  養護教諭2種(学外で必要単位を修得することにより取得可能)
  •  高度専門士
  •  助産師養成校 受験資格

就職に活かす +α資格

  •  受験し合格することにより取得可能
  •  福祉住環境コーディネーター
  •  手話技能検定
  •  講習を受講することにより取得可能
  •  初級障がい者スポーツ指導員(学内講習受講により取得可能)
  •  赤十字救急法救急員(外部講習受講により取得可能)

卒業後に目指せる上位資格

  •  助産師
  •  専門看護師
  •  認定看護師

就職

活躍のフィールド

病院・クリニック、保健所、市区町村、民間企業などで、チーム医療、地域医療のリーダーとして幅広く活躍。

  •   総合病院・大学病院
  •   病院・診療所・クリニック
  •   訪問看護ステーション
  •   地域包括支援センター
  •   保健所・保健センター
  •   学校保健室・企業内健康管理室
  •   各種福祉施設
  •   海外での支援活動 など

主な就職先

国立国際医療研究センター病院、国立精神・神経医療研究センター、国立がん研究センター東病院、国立病院機構相模原病院、東邦大学医療センター大森病院、東邦大学医療センター大橋病院、東邦大学医療センター佐倉病院、東海大学医学部付属八王子病院、東京医科歯科大学医学部附属病院、順天堂大学医学部附属順天堂医院、順天堂大学医学部附属浦安病院、日本医科大学付属病院、日本大学医学部付属板橋病院、東京医科大学八王子医療センター、昭和大学横浜市北部病院、東京慈恵会医科大学付属柏病院、埼玉医科大学総合医療センター、聖マリアンナ医科大学東横病院、千葉大学病院、北里大学病院、東京医科大学病院、昭和大学病院、東京共済病院、東京高輪病院、相模原協同病院、さいたま赤十字病院、東京逓信病院、上尾中央総合病院、長谷川病院、千葉県救急医療センター、賛育会病院、吉祥寺病院、成田赤十字病院、脳神経疾患研究所総合南東北病院、横浜総合病院、湘南鎌倉総合病院、永寿総合病院、東京警察病院、茨城西南医療センター病院、埼玉県立小児医療センター、横浜市立市民病院、戸田中央総合病院、三恵病院、昭島病院、立川相互病院、武蔵野赤十字病院、さいたま市立病院、東京北医療センター、東京健生病院、鎌ヶ谷総合病院、都立墨東病院、立正佼成会附属佼成病院、東京西徳洲会病院、池上総合病院、大久保病院、津田沼中央総合病院、杏雲堂病院、東部地域病院、大田病院、榊原記念病院、相澤病院、慈雲内科病院、船橋市立医療センター、初富保健病院、新百合ケ丘総合病院、川崎市立多摩病院、横浜舞岡病院、海老名総合病院、総合東京病院、厚木市立病院 他

 先輩・教官メッセージ

卒業生

小野塚 萌子

他学科との関わりを通して、
学生時代からチーム医療を体験できた

小野塚 萌子
東邦大学医療センター大森病院
保健師、看護師

チーム医療が学びたくて首都医校を選びました。学生時代には同じ看護師を目指す学生以外にも、理学療法士や作業療法士などを目指す、他学科の友達もでき学びを共有することができました。他の看護学校や大学だったら、学生時代にそこまで他職種を知ることはできなかったと思います。今の環境に近い状況が学校にあったことが、毎日の仕事に活きています。今も看護師としての支えになっているのは、先生から教わった「大切なのは目配り、気配り、心配り」という言葉。実際の看護現場に出たいまもこの言葉の大切さを実感する日々です。

卒業生

三井 加奈恵

超高齢社会に向けて必要とされる、
保健師の仕事にたくさんの方が興味を持ってほしい。

三井 加奈恵
NTT西日本関西健康管理センター
保健師

現在、産業保健師として企業の健康管理センターに勤めています。この仕事に就いてよかったことは、メディカルのスタッフとしてだけでは中々関わることがなく、知ることのなかった一企業の会社員としての生活、考えを学ぶことができたということです。保健師の仕事は、ひとり1人に対して、その人との関係をつくりながら面談をさせていただくため、マニュアルや正解がないため、難しいと感じることもありますが、少しでも質の高い健康管理サービスを提供できるように日々精進することはやりがいがあり、楽しさを感じます。なかなか知名度が低く、知られていない職種だと思いますが、たくさんの人に支えや気づきとなれるような関わりを持てる職種として皆さんにも興味をもってもらえると嬉しいです。

教官

荒木 美津子

保健師は生活を通して、健康づくりや病気の予防を支援する素晴らしい仕事です。

荒木 美津子
元 行政(保健所)保健師
保健師、看護師、産業カウンセラー
養護教諭1級、第1種衛生管理者

私が保健師を目指すきっかけは看護学生の時、実習先で出会った患者さんの一言。「病気になる人が、この世の中からいなくなるといいのに」。また保育器の中で必死に生きている小さな赤ちゃんが「もっと大きくなって生まれたかったよ」と言っているような気がしたのです。病気になる前に予防し、健康であり続けること。そんな当たり前のことの大切さを患者さんから学びました。保健師は、保健所や保健センター、企業、学校、健診センターなど多くの職場で人々の健康づくりを支援する素晴らしい仕事です。

[関連リンク] 首都医校 教官メッセージ vol.8


本文のおわりです