ページの先頭です

ヘッダーのはじまりです

学校法人・専門学校 首都医校

医療・福祉からスポーツまで 「チーム医療」を実践する専門学校

姉妹校
大阪医専
名古屋医専

質問や相談、資料請求は気軽に入学相談室まで 【見学説明毎日】10:00~20:00(日・祝除く) 03-3346-3000




本文のはじまりです

 徹底した現場教育『授業ピックアップ』

患者さんへの安心・安全を守る「医療安全」
医療で大切なことは安心・安全です。個々の看護師のミスだけでなく、チーム(組織)としてエラーを起こさないことが大切です。「医療安全」の授業では、安全とは何かを身近なテーマで確認し、医療安全の必要性の気づきにつなげます。
患者さんと接するところから始める「基礎看護学実習」
実際に患者さんと接し、話に耳を傾け、心情をくみ取り、その人に必要な看護とは何かを考えます。患者さんと直接触れ合う大切な時間を通して、看護師としてはもちろん、医療従事者としての心構えを育みます。
看護の質を高める「看護マネジメント」
質の高い看護を実践するためには、看護サービスの提供体制や看護組織の運営・管理、看護職者の人材育成など様々な視点が必要となります。一歩高い視点で看護サービス全体を考える力を養成します。
実践力を高める「看護の統合と実践」
看護師は、患者さんの容体や様子によって看護の内容を適切に調整することが必要となります。本校では、学んだ様々な知識を統合し、適切な看護を提供する実践力を養うため、「統合実習」を設定しています。
他職種との「チーム医療・他職種連携」
他職種への理解とコミュニケーション力が求められる看護師。本校では、看護の専任教官だけではなく、その他の職種の専任教官から授業を受けられる環境を整備。チーム医療に貢献できる、視野の広い看護師を育成します。

 基礎から実践まで『学びのステップ』

1年次
基礎知識と実習
基礎科目と専門基礎科目を講義中心で進め、基礎医学と社会人としての教養を修得。初の病院実習となる臨地実習「基礎看護学実習」では患者さんとコミュニケーションを取りながらの実践と、看護師の業務内容を理解して事後の学びに活かします。
2年次
専門基礎と領域別実習
1年次に引き続き専門基礎知識の充実に取り組んでいきます。そして後期から成人・老年・小児・母性・精神・在宅にわたる専門の領域別実習がスタート。病院実習などに多くの時間を費やす時期です。看護師になるという自覚と責任が育まれていく大切な時期です。
3年次
臨地実習と国家試験対策
2年次に引き続き臨地実習を行います。また、総復習と模擬試験による国家試験対策を強化するとともに、希望する職域に合せた専攻を学びます。
資格試験合格
『看護師』として現場で活躍
病院・クリニック・福祉施設などで医療補助や患者さんのケアを行う専門職として活躍。また、実務研修を経て「認定看護師」の資格取得で活躍の幅を広げることもできる。

 首都医校だからできる!『学びのポイント』

3年間で看護師になれるカリキュラム
高度化する看護師業務に対応した、徹底した実務者教育。
現在の医療現場では、特に看護師に知識の幅広さと技術の高度さが求めらます。看護実践は、看護理論の上に成り立ちます。しっかりとした理論と実践的な訓練のもと、医師からも信頼される正確な看護技術を徹底的に取り組みます。
充実した学内実習施設で技術を高める
医療現場と同じ学内実習施設で看護技術を効果的に修得できる。
看護師技術を高めるためには、より現場に近い環境で訓練を積むことが最も効果的です。
そのため本校では、病院や施設、更には住宅までを模した実習室を完備。医療シミュレータを用いて実践さながらの演習をすることで、技術の徹底習得を目指します。
神聖なセレモニーの実施
看護の道を歩む学生を応援する神聖なセレモニー「戴灯式」。
本校では、看護師の資格取得へ向けて本格的に実習を始める前に、今一度「看護の道を歩むもの」として初心に立ち戻り、気を引き締めるためのセレモニーを実施しています。
エキスパートを現場に送り出す責任と自信の証明。『国家資格 合格保証制度』と『完全就職保証制度』。
卒業時に万一、合格できなかった場合でも、学費免除で5年間は継続して勉学をサポートする『国家資格 合格保証制度』、さらに卒業時に万一就職できない場合、学費免除で就職が決定するまで勉学を継続できる『完全就職保証制度』(入学時35歳未満対象)を設置しています。
最前線の特別講師が、最新の業界動向を直接講義する。『スペシャルゼミ』・『T.O.L.講義』。
各分野から経験豊かな最前線の特別講師が教壇に立ち、実地指導にあたります。 業界のプロから直接学ぶことにより、最新の業界動向を常にキャッチできるのがこのゼミの特長です。※特別講義はカリキュラムの課外で年数回実施されるものです。また、講師陣・講義テーマは予定であり、変更される可能性があります。
これまでの特別講義レポートはコチラ
最終年次で選べる専攻教育

内科専攻

内科的処置を中心に予防医学を学ぶ。
メタボリックシンドロームなど、看護師の活動領域は「健康増進活動」にも広がっています。本専攻では、予防医学にも取り組み、健康増進の啓蒙に必要なスキルを身につけることを目的とします。

外科専攻

先進的な医療機器の外科的処置を学ぶ。
患者さんの身体的な負担を軽くできる外科的処置が徐々に増えてきています。その結果速やかに社会復帰できる患者さんも増えてきました。本専攻では、回復が早く患者さんに優しい外科的処置をより深く学習します。

小児・母性専攻

妊娠・出産の高度な知識・技術を学ぶ。
近年では、出産を人生の貴重な体験ととらえ、より主体的に体験したいと考える妊婦も増えています。本専攻を通じて、様々な状況に対応でき、妊婦・母親が安心して相談できる看護師となるよう、より深く学習します。

精神専攻

幅広く精神疾患患者支援について学ぶ。
「うつ」「パニック障害」など、様々な症例で精神看護の重要性が高まっています。本専攻では、精神疾患患者における治療から社会復帰に至るまでの医療・福祉分野の取り組みをより深く学習します。

 資格/就職

資格

取得できる資格/称号

  •  看護師(国家試験受験資格)
  •  医療専門士
  •  保健師養成校 受験資格
  •  助産師養成校 受験資格

就職に活かす +α資格

  •  受験し合格することにより取得可能
  •  福祉住環境コーディネーター
  •  手話技能検定
  •  講習を受講することにより取得可能
  •  障害者初級スポーツ指導員(学内講習受講により取得可能)
  •  赤十字救急法救急員(外部講習受講により取得可能)

卒業後に目指せる上位資格

  •  保健師
  •  助産師
  •  認定看護師

就職

活躍のフィールド

医療機関、福祉施設などで活躍。看護師のマネジメントや海外での看護活動など、そのフィールドは拡大を続けています。

  •   総合病院・大学病院
  •   病院・診療所
  •   クリニック
  •   訪問看護ステーション
  •   各種福祉施設
  •   海外での支援活動 など

主な就職先

国立国際医療研究センター病院、国立病院機構東京医療センター、日本赤十字社医療センター、順天堂大学医学部付属練馬病院、東海大学医学部付属八王子病院、東海大学医学部付属東京病院、東京慈恵医科大学第3病院、東邦大学医療センター 大森病院、日本医科大学病院、日本医科大学武蔵小杉病院、日本大学医学部付属板橋病院、横浜市立脳血管医療センター、横浜旭中央総合病院、上尾中央総合病院、湘南鎌倉総合病院、東京都済生会病院、海老名総合病院、吉祥寺病院、所沢ロイヤル病院、熱川温泉病院、小豆沢病院、東京北社会保険病院、多摩丘陵病院、東京共済病院、国際医療福祉大学付属三田病院、埼玉県立循環器・呼吸器病センター、立川相互病院、初富保健病院、小張総合病院、新松戸中央総合病院、静岡県立静岡がんセンター、川崎市立川崎病院、せんぽ東京高輪病院、相模原協同病院、東京警察病院、東京都医療保健公社大久保病院、東京都日野市立病院、東京都立大塚病院、東京西徳洲会病院、榊原記念病院、目白第二病院、立正佼成会附属佼成病院、横浜旭中央総合病院、相模原協同病院、NTT東日本関東病院、太田総合病院、上尾中央総合病院、荻窪病院、埼玉協同病院、稲城市立病院、永遠幸新橋夢クリニック、横浜南共済病院、亀田総合病院、小豆沢病院、杏雲堂病院、東京北社会保険病院、東京共済病院、賛育会病院、河北総合病院、千葉西総合病院、昭島病院、池上総合病院、新座志木中央総合病院、新松戸中央総合病院、聖マリアンナ医科大学病院、青梅市立総合病院、静岡済生会総合病院、相模原協同病院、東京都済生会中央病院 、東京健生病院、東京北社会保険病院、東京労災病院、東芝病院、板橋中央総合病院、立正佼成会附属佼成病院 他

 先輩・教官メッセージ

卒業生

白井 さつき

クラスメイトと刺激し合い、同じ目標に向かった3年間。

白井 さつき
多摩北部医療センター
看護師

首都医校の魅力は、最新の設備で様々な実習器具がそろっているので、多様な看護技術が学べることです。クラスの年齢層は幅広く、社会人経験がある人も多いため、勉強に対する取り組み姿勢や考え方は様々ですが、同じ目標に向かってクラスメイト同士で刺激し合って頑張ることができました。勉強や実習は努力した分、成果として現れるので、日々の課題に前向きに取り組むことができます。充実した毎日を過ごせたので、3年間はあっという間でした。

教官

徳江 真理美

看護の魅力について
一緒に学びましょう。

徳江 真理美
看護師、介護支援専門員

看護は、あらゆる年代の人の生涯を通して、その最期までその人らしく生をまっとうできるように援助します。その看護を行う場は、病院や施設だけでなく、自宅や地域と多岐にわたります。そのため、専門職になるために必要な知識や技術を学ぶのはもちろんですが、社会人として信頼される人間になるためにも相手や周囲への思いやりや礼節にも力を入れています。看護の対象となるかたに、少しでもより良い看護が提供できるように、一緒に考えながら、学んでいきましょう。


本文のおわりです