ページの先頭です

ヘッダーのはじまりです

学校法人・専門学校 首都医校

医療・福祉からスポーツまで 「チーム医療」を実践する専門学校

姉妹校
大阪医専
名古屋医専

質問や相談、資料請求は気軽に入学相談室まで 【見学説明毎日】10:00~20:00(日・祝除く) 03-3346-3000




本文のはじまりです

 徹底した現場教育『授業ピックアップ』

現場と同じ環境で行う「生体機能代行技術学」
臨床工学技士が取り扱う機器は多様です。しかも現場ではどんどんその種類は増えています。即戦力の人材を育てる当校では、現場で使われる最新機器を設置し、授業にて使用します。全国の専門学校でも屈指の学内実習環境を備えており、臨床工学実習の際は、実際の手術室までを再現します。専門学校・首都医校はどんな状況にも対応できるエキスパートを育てます。
医療機器の原理を学ぶ「電気・電子工学実習」
現場即戦力の人材育成を理念とし、実践を大事にする首都医校では、増幅回路の作成などの座学だけでは得にくい知識を実体験を通じて学んでもらいます。実習テーマは様々で、グループで取り組み問題解決力とチームワーク力を身につけます。
最新の業界動向がわかる「医療機器メーカー講義」
実際の病院でも、新しい機器についてはメーカーのインストラクターから使用方法について学んでいます。同様に、本校でも最新機器についてはメーカーから直接学べます。また、機器によっては実際の医療現場よりも先に知識を得ることができるため、専門学校でありながらも医療現場に負けない実践力が身につきます。

 基礎から実践まで『学びのステップ』

1年次:前期
医学と工学の基礎を修得
電気・電子・工学などの基礎工学や基礎医学を講義・実習を織り交ぜて学習。ポイントを絞っているので効率よく学習できます。
1年次:中期
専門知識を深める
最も多くの知識を身につける中期。医学・工学の専門科目の講義と学内実習により、確かな専門知識を深めます。
1年次:後期
臨床実習と国家試験対策
病院での臨床実習が始まり、併せて臨床工学技士の資格取得に向けて対策講座にも取り組みます。
資格試験合格
『臨床工学技士』として現場で活躍
医学と工学の知識をバランスよくあわせ持つエキスパートとして、医療現場と社会に貢献。

 首都医校だからできる!『学びのポイント』

1年間で臨床工学技士が目指せる
これまで学んだ知識を活かす臨床工学技士への最短コース。
今まで学んだ医学や工学の知識を活かして、1年間で臨床工学技士の資格取得を目指します。1年という短期間で高度な知識・技術を身につけるため、内容の濃いカリキュラムになっています。
経験豊かな指導陣が直接指導
透析技術認定士、呼吸療法認定士など上位資格を有する教官からの指導。
本校では、臨床工学技士にとって目標となる上位資格を有している教官が、直接指導。日常の授業でより深く専門的に学ぶことができ、卒業後の上位資格取得に対する相談にも迅速に対応することができます。
エキスパートを現場に送り出す責任と自信の証明。『国家資格 合格保証制度』と『完全就職保証制度』。
卒業時に万一、合格できなかった場合でも、学費免除で5年間は継続して勉学をサポートする『国家資格 合格保証制度』、さらに卒業時に万一就職できない場合、学費免除で就職が決定するまで勉学を継続できる『完全就職保証制度』(入学時35歳未満対象)を設置しています。
最前線の特別講師が、最新の業界動向を直接講義する。『スペシャルゼミ』・『T.O.L.講義』。
各分野から経験豊かな最前線の特別講師が教壇に立ち、実地指導にあたります。 業界のプロから直接学ぶことにより、最新の業界動向を常にキャッチできるのがこのゼミの特長です。※特別講義はカリキュラムの課外で年数回実施されるものです。また、講師陣・講義テーマは予定であり、変更される可能性があります。
これまでの特別講義レポートはコチラ

 資格/就職

資格

取得できる資格

  •  臨床工学技士(国家試験受験資格)

就職に活かす +α資格

  •  受験し合格することにより取得可能
  •  第1・2種ME技術実力検定
  •  医療情報技師
  •  ITパスポート試験

卒業後に目指せる上位資格

  •  透析技術認定士
  •  呼吸療法認定士
  •  体外循環技術認定士
  •  臨床高気圧治療技師

就職

活躍のフィールド

医療機器のエキスパートとして、病院や医療機器メーカーなど、様々な医療現場で活躍。

  •   総合病院・大学病院
  •  病院・診療所
  •  透析クリニック
  •  医療機器メーカー など

 先輩・教官メッセージ

卒業生

三橋 理人

大学での知識を活かし、
1年間で学ぶことができた。

三橋 理人
昭和大学藤が丘病院
臨床工学技士

大学では医用生体工学について学んでおり、病院へ臨床実習に行った際、臨床工学技士にとても魅力を感じました。大学では国家資格の受験資格がもらえないため、1年間で臨床工学技士を目指せる首都医校に入学。再進学に対して、大学の教授が背中を押してくれたことも心強かったです。1年間ということで、授業や実習に毎日忙しかったですが、本当に充実した学生生活でした。また集中して学べる環境もよかったです。学校で得たものを礎に、将来はコミュニケーション力も備え、視野の広い臨床工学技士になりたいです。

教官

桂 尚樹

日々、確実な理解を積み重ねて
1年で国家試験合格を目指す。

桂 尚樹
修士(工学)、第2種ME技術者

1年で国家試験に合格するのは並大抵のことではありませんが、講義ごとの小テストによる「確実な理解」を徹底し、全員を合格に導いていきます。また首都医校には、最先端の医療機器技術情報がいち早く入手できる副都心新宿という立地、チーム医療を学べる複合的な学科編成など抜群の環境があります。1年後にあなたの夢が正しかったことを一緒に証明しましょう。


本文のおわりです