ページの先頭です

ヘッダーのはじまりです

学校法人・専門学校 首都医校

医療・福祉からスポーツまで 「チーム医療」を実践する専門学校

姉妹校
大阪医専
名古屋医専

質問や相談、資料請求は気軽に入学相談室まで 【見学説明毎日】10:00~20:00(日・祝除く) 03-3346-3000




本文のはじまりです

 徹底した現場教育『授業ピックアップ』

現場と同じ環境で行う「生体機能代行技術学」
多種多様な機器を扱う臨床工学技士。本校では授業で常時使用できる多様な最新機器を設置。さらに臨床工学実習室には実際の手術室を再現し、全国でも屈指の学内実習環境です。
病理学、解剖学などの「基礎医学実習」
臨床工学技士が扱う機器は人間の機能を代行するものがあります。病理学や解剖学などの授業を通じて、人体の構造や機能など臨床工学技士に不可欠な知識を系統的に理解し、医学の基礎知識を修得していきます。
医療機器の原理を学ぶ「電気・電子工学実習」
増幅回路の作成など、座学だけでは得にくい知識を実体験を通して学んでいきます。様々な実習テーマをグループで取り組むことで問題解決力、チームワーク力も身につけます。
第2種ME技術実力検定対策も万全「ME概論」
「第2種ME技術実力検定」は、臨床工学技士へのステップとなる資格。電気的な知識や安全管理などの理解度を確かめる検定で、取得すると就職にも有利です。さらに高度な第1種を在学中に取得する学生もいます。
看護師との「チーム医療・健康の回復に関する看護」
チーム医療に貢献する機会が多い臨床工学技士。中でも看護師とは、的確な医療を提供するうえで緊密な連携が必要になるため、看護師の専任教官から健康の回復に関する看護法を学びます。

 基礎から実践まで『学びのステップ』

1年次
医学と工学の基礎を修得
臨床工学技士は医療系知識だけでなく、工学分野にも精通した専門職。高校までの理系の復習からはじまり、電気・電子・機械工学への学習に進む一方、新たな医学の知識修得もしていきます。また病院での「見学実習」も実施。
2年次
医学と工学の確立
臨床工学技士が扱う機器の原理や基本的な特徴と、その機器を使う患者さんの健康状態について学習を深めていきます。医学と工学が融合し、臨床工学技士の基礎が確立します。
3年次
専門知識と臨床実習
病院での臨床実習に向けて、最新機器を実際に操作する実践的な学内実習が本格化します。また「第2種ME技術実力検定」の合格を目指してこれまでの学びを総復習します。
4年次
卒業研究と国家試験対策
学習の集大成として卒業研究を実施。さらに希望する職域に合せた専攻で深い知識を身につけていきます。また、臨床工学技士の国家試験対策講座で合格へと導きます。
資格試験合格
『臨床工学技士』として現場で活躍
医学と工学の知識をバランスよくあわせ持つエキスパートとして、医療現場と社会に貢献。

 首都医校だからできる!『学びのポイント』

4年制だから基礎から段階的に学べる
理系が苦手な文系出身者も基礎から安心して学べる。
臨床工学技士を目指すにあたり必要な数学や物理、化学なども教育経験が豊富な専任教官が基礎から丁寧に指導するため、文系出身者でも安心してじっくり学ぶことができます。
また卒業時に「高度専門士」が付与され、学歴・待遇面で大学卒業者と同等の扱いをされます。
最新の業界動向がわかる実践授業
最新機器について医療機器メーカーから直接学べる授業を実施。
病院などの現場でも、新規導入機器については医療機器メーカーのインストラクターから学んでいます。本校では最新機器について、いち早くメーカーから直接学ぶ授業を実施。確かな実践力が身につきます。
エキスパートを現場に送り出す責任と自信の証明。『国家資格 合格保証制度』と『完全就職保証制度』。
卒業時に万一、合格できなかった場合でも、学費免除で5年間は継続して勉学をサポートする『国家資格 合格保証制度』、さらに卒業時に万一就職できない場合、学費免除で就職が決定するまで勉学を継続できる『完全就職保証制度』(入学時35歳未満対象)を設置しています。
最前線の特別講師が、最新の業界動向を直接講義する。『スペシャルゼミ』・『T.O.L.講義』。
各分野から経験豊かな最前線の特別講師が教壇に立ち、実地指導にあたります。 業界のプロから直接学ぶことにより、最新の業界動向を常にキャッチできるのがこのゼミの特長です。※特別講義はカリキュラムの課外で年数回実施されるものです。また、講師陣・講義テーマは予定であり、変更される可能性があります。
これまでの特別講義レポートはコチラ
最終年次で選べる専攻教育

臨床医療専攻

研究活動を通じて臨床工学に関する学びを深める。
医療技術の高度化により、医療の質の向上と安全確保を担う臨床工学技士の責任はますます大きくなっています。本専攻では、医療機器の特性をより深く学習し、工学的・医学的見識を広げていきます。

医療機器開発専攻

医療機器の操作だけではなく開発の観点も養う。
本専攻では、機器や管理ソフトなどの開発について深く学習し、操作の習熟だけではなく、開発の観点も持った臨床工学技士を目指します。

 資格/就職

資格

取得できる資格/称号

  •  臨床工学技士(国家試験受験資格)
  •  高度専門士

就職に活かす +α資格

  •  受験し合格することにより取得可能
  •  第1・2種ME技術実力検定
  •  医療情報技師
  •  ITパスポート試験
  •  講習を受講することにより取得可能
  •  赤十字救急法救急員(外部講習受講により取得可能)

卒業後に目指せる上位資格

  •  透析技術認定士
  •  呼吸療法認定士
  •  体外循環技術認定士
  •  臨床高気圧治療技師

就職

活躍のフィールド

医療機器のエキスパートとして、病院や医療機器メーカーなど、様々な医療現場で活躍。

  •   総合病院・大学病院
  •  病院・診療所
  •  透析クリニック
  •  医療機器メーカー など

主な就職先

板橋中央総合病院、綾瀬循環器病院、久喜総合病院、あけぼの病院、新東京病院、村上新町病院、齊藤記念病院、国立病院機構東埼玉病院、国立国際医療研究センター病院、横浜旭中央総合病院、埼玉医科大学病院、南大沢クリニック、千葉市立青葉病院、小田原循環器病院、東久留米クリニック、駒込共立クリニック、千葉西総合病院、河北総合病院、羽生総合病院、行田総合病院、戸田中央総合病院、八潮総合病院、西八王子病院 他

 先輩・教官メッセージ

卒業生

柏原 綾香

患者さんと向き合う
臨床工学技士になりたい。

柏原 綾香
新東京病院
臨床工学技士

人を助けたいという想いが強くあり、物心ついた頃から医療の道へ進むと決めていました。首都医校の入学相談会で臨床工学技士の仕事を知り、目指すことを決意。臨床経験豊富な先生方のリアルな話しを交えた授業はとても楽しく、丁寧な指導をしてもらえたので感謝しています。またアシスタントスタッフをしていたので、看護学科など他学科の学生とも仲良くなれたことで、実習先での看護師とのコミュニケーションも円滑に進みました。4年間の学びを通して、臨床工学技士は機械を通して患者さんを見る仕事だと実感しました。機械ではなく患者さんと向き合う臨床工学技士になりたいです。

教官

奈良部 有美

医療の安全を担う臨床工学技士は
ますます求められる専門家。

奈良部 有美
元 総合病院国保旭中央病院
臨床工学技士

生命維持管理装置の操作、保守点検を行う臨床工学技士はまだまだ世間の認知度は低いと思います。しかし、現在の病院は医療機器を欠かすことはできず、これから先も無くなることはないと考えられます。私たちの仕事は医療機器を安全に使用できるようにするだけではなく、すぐに異常に気がづき、素早く対応できる力を持っていなくてはいけません。医学と工学を勉強するのは簡単ではありませんが、とてもやりがいのある仕事です。一緒に目指してみませんか。


本文のおわりです