ページの先頭です

ヘッダーのはじまりです

学校法人・専門学校 首都医校

医療・福祉からスポーツまで 「チーム医療」を実践する専門学校

姉妹校
大阪医専
名古屋医専

質問や相談、資料請求は気軽に入学相談室まで 【見学説明毎日】10:00~20:00(日・祝除く) 03-3346-3000




本文のはじまりです

 徹底した現場教育『授業ピックアップ』

笑顔で支援する「コミュニケーション技術」
介護する相手は「人」です。人を相手にする以上、なにより大切なのはコミュニケーションになります。コミュニケーションと一口に言っても、手ぶりやうなずきなど様々な技術があるのです。コミュニケーションとは何か?その基本理論を知り、介護現場で必要とされるコミュニケーション能力を養いましょう。
介護福祉士に認められた「医療的ケア」
これまでは介護福祉士に認められていなかった、たんの吸引などの医療行為が法改正により認められるようになりました。介護福祉士の業務範囲が広がった今、より日常生活支援に必要な知識と技術を修得する必要があります。
楽しみながら学ぶ「生活支援技術」
介護で最も大切なことはなんでしょうか?それは介護対象者と心を通わせることです。そのためには、その人の理解に努め、一緒に過ごす時間を楽しもうとする自身の姿勢が大事です。介護対象者の年齢や立場を考え、リハビリテーションを行うためにも趣味や特技を生かしたリハビリテーションを学びましょう。
食事の知識・技術を学ぶ「生活支援技術」
食事は介護対象者にとって大きな楽しみの1つです。食べやすさや栄養バランス、味覚の変化など、実際に調理をしながら知識・技術を高めます。
作業療法士との「チーム医療・認知症」
高齢者の認知症はますます増加しています。認知症について深く知ることは、これからの介護においてとても重要なことです。本校には、リハビリのエキスパートである作業療法士の専任教官がいます。認知症とリハビリテーションへの理解を深め、介護技術への応用について学習します。

 基礎から実践まで『学びのステップ』

1年次
基礎実習・演習
高齢者の心身の状態を理解し、基本的な生活支援技術を修得。1年次後期では介護現場での実習に参加し、土台を固めます。
2年次
総合実践力・専攻教育
知識や理論を深めながら、学外実習にて応用力を身につけます。また希望する職域の専攻教育と国家試験対策にも取り組みます。
国家資格
『介護福祉士』として現場で活躍
福祉施設や医療機関を中心に、介護という枠を超え、利用者の幸せを支援する存在として活躍。

 首都医校だからできる!『学びのポイント』

介護の現場を想定した施設・設備
日常生活のあらゆる場面を想定できる学内の教育環境。
普段の生活における、食事や排せつ、入浴から就寝まで、あらゆる場面の生活支援ができるための知識と技術を実習を通して身につけてもらいます。実践教育を軸とする専門学校として、首都医校の校内に完備された様々な設備により、生活のあらゆる介護場面を再現。質の高い実習を行うことで、高齢者に負担を掛けないための生活支援技術を習得できます。
姉妹校との連携で学ぶ介護福祉実践力
プロ講師による「洗髪」「セラピーメイク」などの生活支援技術。
首都医校の姉妹校である専門学校モード学園の講師が「洗髪」や「セラピーメイク」について指導します。「洗髪」や「セラピーメイク」は、疲労回復やリラックス効果、気分向上など心に働きかける技術です、利用者がよりよい日常を送れるように、確かな技術を身につけていきます。
エキスパートを現場に送り出す責任と自信の証明。『国家資格 合格保証制度』と『完全就職保証制度』。
卒業時に万一、合格できなかった場合でも、学費免除で5年間は継続して勉学をサポートする『国家資格 合格保証制度』、さらに卒業時に万一就職できない場合、学費免除で就職が決定するまで勉学を継続できる『完全就職保証制度』(入学時35歳未満対象)を設置しています。
最前線の特別講師が、最新の業界動向を直接講義する。『スペシャルゼミ』・『T.O.L.講義』。
各分野から経験豊かな最前線の特別講師が教壇に立ち、実地指導にあたります。 業界のプロから直接学ぶことにより、最新の業界動向を常にキャッチできるのがこのゼミの特長です。※特別講義はカリキュラムの課外で年数回実施されるものです。また、講師陣・講義テーマは予定であり、変更される可能性があります。
これまでの特別講義レポートはコチラ
最終年次で選べる専攻教育

在宅医療・介護専攻

医療職から在宅医療の現状を学ぶ。
在宅医療・介護を希望される方は多いですが、住み慣れた環境で生活を送るためには医療・介護の連携は欠かせません。本専攻では、看護師をはじめとする医療職に在宅医療の現状を学びます。医療職、介護職がすべき職域・役割を知ることで質の高い介護を提供できる人材を育てあげます。

児童福祉専攻

障がい児など子どもの生活・社会環境を知る。
今、障がいのある人の長寿、高齢化が顕著となっています。障がいを持つ高齢者が増えているなかで、子ども時代の生活歴や発達・療育状況を知っておくことは、介護の質を高めるうえで重要です。本専攻では、障がい児など子どもの生活環境や社会環境を知ることで、生活支援の幅を広げていきます。

生活リハビリ専攻

日常生活に楽しみが増すスキルを学ぶ。
介護福祉士は、優れた介護技術で生活介助をするだけでなく、高齢者に対し、生きがいを見つける手伝いや、自立した行動に繋がることを提供することも大事な役割です。個々の人生の充実のために何ができるかを考え、それを提供するための技術を、セラピーメイクや効果的なレクリエーションなどを通じて学んでいきます。

 資格/就職

資格

取得できる資格/称号

  •  介護福祉士(国家資格※1)
  •  福祉専門士
※1介護福祉士の国家資格について
卒業と同時に5年間の期限付きで介護福祉士資格を付与。期限内に国家試験に合格するか、もしくは5年間現場で勤続することで継続して介護福祉士資格が付与されます。(改正法案の審議結果により、変更になる場合があります)

就職に活かす +α資格

  •  受験し合格することにより取得可能
  •  福祉住環境コーディネーター
  •  手話技能検定
  •   講習を受講することにより取得可能
  •  初級障がい者スポーツ指導員(学内講習受講により取得可能)
  •  赤十字救急法救急員(外部講習受講により取得可能)

就職

活躍のフィールド

福祉施設や医療機関を中心に、介護という枠を超え、利用者の生活をプロデュースする存在としての活躍。

  • 介護老人保健施設
  • 特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)
  • デイサービス
  • 総合病院・大学病院
  • 訪問介護事業所
  • 訪問介護事業所
  • 障がい者(児)支援施設
  • 社会福祉施設 など

主な就職先

特別養護老人ホームいずみえん、特別養護老人ホームいなぎ正吉苑、特別養護老人ホーム風の杜・上原、特別養護老人ホーム喜多見ホーム、特別養護老人ホーム多摩済生園、特別養護老人ホーム若竹苑、特別養護老人ホームとだ優和の杜、特別養護老人ホーム清明園、特別養護老人ホーム飛鳥晴山苑、特別養護老人ホーム殿山亀寿苑、介護老人保健施設ちょうふの里、介護老人保健施設リハリゾート青葉、介護老人保健施設青葉の杜、介護老人保健施設千の風・川崎、介護老人保健施設相模原ロイヤルケアセンター、介護老人保健施設リハビリケアかつしか、介護老人保健施設らんすずらん、介護老人保健施設グリーンガーデン青樹、介護老人保健施設ピースプラザ、介護老人保健施設三鷹ロイヤルの丘、介護老人保健施設ハートケア横浜、介護老人保健施設めぐみ、東京総合保健福祉センター江古田の森、品川総合福祉センター、六親会、県央福祉会、武蔵野会、ひふみ会、桐仁会、岡山中央福祉会、指定介護老人福祉施設こぐれの里、ジャパンケアサービス、ヒューマンライフケア、自立生活支援センター歩歩、社会福祉法人マザアス、株式会社アースサポート、たんぽぽ保育園、身体障害者療護施設ハーモニー、身体障害者療養施設北村園、介護老人保健施設ながよし苑、特別養護老人ホーム藤ミレニアム、医療法人いつき会、特別老後老人ホーム葉栗の郷、特別老後老人ホーム鳩の丘 他(姉妹校 大阪医専・名古屋医専の実績を含む)

 先輩・教官メッセージ

卒業生

土肥 早百合

「福祉」に真剣な気持ちで向き合っていきたい。

土肥 早百合
社会福祉法人 六親会
介護福祉士

授業では高齢者介護や自立支援、障害者福祉などを学び、今まで知識が全くなかった私にとって、初めて知ることばかりでしたが、「福祉とは何か?」について、毎回、真剣な気持ちで向き合うことができました。実習では実際に高齢者の皆さんに関わり、人と接することの「暖かさ」を実感しました。まだまだ、「福祉」の本質にたどりつくには時間が掛かると思いますが、これからも専門学校在籍時のように向上心を持って学んでいきたいです。

教官

繁定 宏美

「助けるだけの介護」から、「よくする介護」へ。

繁定 宏美
元 医療法人社団一心会
介護福祉士・保育士
幼稚園教諭Ⅱ種

介護の専門職として、これからの介護福祉士には、「助けるだけの介護」から、「よくする介護」への転換が求められます。介護は人との関わりなくしては出来ません。ただケアを提供するのではなく、しっかりと根拠を持ってケアを行うことができるよう、在学中から、教官全員でサポートします。専門学校の授業を通して、技術や知識はもちろん、相手の立場に立ち、人を思いやる気持ちを大切に出来る介護福祉士を育てていきます。
[関連リンク] 首都医校 教官メッセージ vol.2


本文のおわりです